……絶句(下)
  • 最新刊

……絶句(下)

作者名 :
通常価格 702円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

あたし=新井素子の小説のキャラクターたちが現実世界に実体化して以来、驚愕の事態の連続。自宅全焼に誘拐騒ぎ、宇宙人に命を狙われたり。その上、人間に虐げられた動物に同情したキャラクターたちが動物革命を起こす。猫やライオン、カラスにゴキブリの大行進。この混乱の原因は素子にあるというけれど…いたいけな少女が偶然引き起こした絶句すべき大事件の行方は!? 番外篇「すみっこのひとりごと」と新あとがきを収録。/掲出の書影は底本のものです

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
464ページ
電子版発売日
2014年08月15日
コンテンツ形式
.book

シリーズ作品 1~2巻配信中

※通常版の作品のみ、カートをご利用いただけます

Posted by ブクログ 2014年01月16日

上巻はバタバタした感じで単純にエンターテイメントッテ感じだけど、下巻では物語中で起こる動物革命を引き合いに人間とは何ぞやみたいなテーマが掘り下げられて行って、熱い。

とても良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月22日

上下巻で結構な分量のある小説ですが、相変わらず一気に読めてしまいます。80年代SFの雰囲気を色濃く持っている作品ではありますが、決して色あせてはいないと感じましたね。
今だったらこの話もアニメ化できるんじゃなかろうか。CGを使えば、あの大量の猫たちも描ききれるはず。。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月22日

地球が好き、あたしが好き、という強烈な矜持。あたしは確実に、この作者の影響を受けて育ってきたなぁと思わされます。
軽い口調に流されそうになるけど、生物の存在意義とか運命とか、扱っているテーマは壮大で考えさせられます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年09月16日

もしも映像化するならば、
森村一郎をGackt、
あもーるを黒木メイサ、
秋野信拓を真矢
でお願いしますw

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月07日

うん、普通に楽しく読めるお話。でもちょっと考えさせられるところもあって…
小学生か中学生の頃に読みたかったな~

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「……絶句」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play