高校数学でわかる流体力学 ベルヌーイの定理から翼に働く揚力まで

高校数学でわかる流体力学 ベルヌーイの定理から翼に働く揚力まで

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
紙の本 [参考] 1,100円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※この作品には販売期限があります。
2019年10月31日を過ぎると販売を終了致します。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ニュートン力学の極致、憧れの流体力学を理解しよう。水理学や航空力学はもちろん、船や海洋、さらにはエンジンや油圧・配管など、液体や気体を扱う全ての分野で、流体力学は必須です。さらに、理系好きの読者にとって流体力学は憧れです。そこで本書では、流体力学の基礎的から、飛行機の飛ぶ原理として有名な「ベルヌーイの定理」の完全理解を目指し、二次元翼の揚力を計算してみます。(ブルーバックス・2014年6月刊)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ブルーバックス
ページ数
256ページ
電子版発売日
2014年07月11日
紙の本の発売
2014年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
51MB

    Posted by ブクログ 2015年07月14日

    粘性による応力(206p)の説明が分からない。それ以外は理解できたが、このシリーズでは珍しい。後は満足。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月04日

    ブルーバックスの中でも、かなりハードに数式が書き込まれているほうだ。ベクトルの話になるのでやむを得ない。流体工学を「つかむ」には、定番教科書をいきなり読むよりも、この内容をサクッと頭に収めてからのほうが良さそう。専門家でないのなら、この本の内容でも十分。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています