短歌ください

短歌ください

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

本の情報誌『ダ・ヴィンチ』の投稿企画「短歌ください」に寄せられた短歌から、人気歌人・穂村弘が傑作を選出。鮮やかな講評が短歌それぞれの魅力をいっそう際立たせる。言葉の不思議に触れる実践的短歌入門書。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 詩集・俳句
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
シリーズ
短歌くださいシリーズ
電子版発売日
2014年07月01日
紙の本の発売
2014年06月
サイズ(目安)
1MB

短歌ください のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月03日

    元気なときはもっと元気になる。
    疲弊しているときは染み入るように、こころをすこし修復してくれる。
    一番読み返しているし、ずっと持ち続けていたい本。
    読者投稿モノなので、投稿者のみなさんにとてもお礼が言いたくなります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月19日

    『ダ・ヴィンチ』の人気コーナーの作品集です。
    どの歌も心惹かれて、ドキドキしながら読みました。
    5・7・5・7・7だけど読み方は自由なのもよかったです。
    短歌を習いたくなります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月01日

    知らない人のセンスにやられ続ける255ページ 穂村さんの優しいコメントがまたいい、わたしのゼミの教授みたい

    死にました。当分君に会えません そう思いこむ生きてゆくため(p180)
    あなたの目をずっと見ながら話すのは、瞳孔の大きさを測るため(p108)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月23日

    ごめんなさい。絶対告白しないから、どうか近くに置いて下さい
    君というあなたが呼んだ何者か わたしはそれになりたかった
    死にました。当分君に会えません そう思いこむ生きていくため
    「乳首」の意味が激変
    幸せが凶器になるのここにあった白目の白さ黒目の黒さ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月18日

    2015.02.18

    おいおいとても面白いじゃないか
    素人?すごい、すごいよ。
    自分よりも年下の人がいると、ちょっと嫉妬する。
    どんなに可愛い人よりもどんなにお金持ちの人よりも、こういう感性を持っている人にわたしは嫉妬する!!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月30日

    ぐさぐさ突き刺さる鋭い言葉たちにやられた。穂村氏の評言があらたな読みを提示し、より深いおどろきへと誘われる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月02日

    とにかく勉強になる。同時に、打ちのめされてしまって落ち込んでしまう危険性を孕んでいる。というか落ち込んだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月19日

    怖い歌はいい歌です。


    それから世界を見る目が変わった
    一気には読みきれないけど、ふらふら電車の間とか歯磨き中とかちょっとした時に読んでずしんとくる

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い

    なり 2018年04月16日

    最初は座談会形式の方が共感するにも反対するにも地に足がつく感じで読みやすかったと思ったけど、途中から読みなれたのか没頭できた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月15日

    以下引用 (途中)

    作者省略。

    逢うたびに君の葬式の挨拶を考えながら覗く横顔 (p.13)
    「ほんとうは誰も愛していないのよ」ペコちゃんの目で舐めとるフォーク (p.15)
    神さまになった気がした青に黄をまぜてみどりを創ったあの日 (p.27)
    総務課の田中は夢をつかみ次第戻る予定となっておりま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています