赤いベベ着せよ…

赤いベベ着せよ…

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

鬼に我が子を食い殺された女。腹を裂かれ、血まみれの我が子は、まるで赤い着物(べべ)を着ているようだ。女はやがて鬼になり人の子を……。そんな鬼女伝説が残る町に娘を連れて20年ぶりに帰郷した千鶴は、幼なじみの知人の幼い娘が扼殺され、古井戸に投げ込まれたことを知る。それは、同じ場所で20年前に起きた幼女扼殺事件と状況がそっくりだった。やがて、他の幼なじみの子供たちも次々と殺されていく。鬼は誰か!? “ことろ”の童謡が恐怖を呼ぶ、戦慄の長編ホラー!!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2014年07月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

赤いベベ着せよ… のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年03月19日

    読みやすかったです!
    最後の最後はちょっと意外でびっくりしたけど、もうちょっとその辺を詳細に書いて欲しかったかなぁ…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月09日

    我が子を殺された母親が鬼となり、子どもを食らう。
    腹を裂かれた子どもは赤い服を着ているようだ。

    そんな鬼女伝説のある村で子どもが殺された。

    一緒に遊んでいた子どもたちが大きくなり、親になったとき、その子どもたちが殺されていく。

    犯人は昔殺された子の親なのか…

    鬼女にとりつかれた母親は誰なのか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月22日

    ホラーというよりサスペンス。
    分かり易くてサクサク読めるが、深みがほとんどない。

    この著者の作品の中では、これが比較的評価が高かったために残念。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月22日

    タイトルが怖い・・でもそのタイトルが本棚にあるのはもっと怖い・・・って事で、一人になる可能性が限りなく低いハワイへの飛行機の中で読みました。


    こういうのってタイトルだけ無性に怖いけど、実際読んだら全然なんですよね~。

    内容はまあ普通の、昔の言い伝えにのっとって起こる殺人。
    起こってる事は怖いん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています