i(アイ)~鏡に消えた殺人者~

i(アイ)~鏡に消えた殺人者~

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

刺殺された作家・砂村悦子が死の直前に書いた自伝的小説は、かつて悦子に殺された従妹のアイが、鏡に宿り復讐するという内容だった!? 事実、刺殺現場に残された犯人の足跡は、部屋の隅にある鏡の前で忽然と途絶えていた。やがて明らかになる衝撃の真相……。i(アイ)とは何か? 絶妙のトリック、大ドンデン返し! 女流本格ミステリーの旗手が描いた長編傑作。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2016年07月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

i(アイ)~鏡に消えた殺人者~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年01月31日

    編集者の的場武彦は新人作家の砂村悦子が仕事部屋で刺殺されているのを悦子の母親と発見します。
    死体があった部屋は血の足跡が等身大の鏡の前まで点々と続いるのですがその後の足跡はなく、まるで犯人が鏡の中に消えてしまったかのような不可解な状況となっていました。
    さらに悦子の書きかけの原稿のフロッピーディスク...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年01月03日

    刺殺された作家「砂村悦子」が,自らの遺作となる作品に見立てるような形で,殺害される。砂村悦子の遺作には,、自分が5歳のときに従妹である「アイ」を殺害したこと,「アイ」が鏡の中から自分の悦子の命を狙っていることなどが書かれている。
    「悦子」の殺害現場は,鏡に向かって歩いていく血の跡が残っていた…。本当...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています