大名やくざ

大名やくざ

作者名 :
通常価格 554円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

有馬虎之助は大身旗本の次期当主。ところが屋敷を一歩出れば着流しを大きくはだけて目つき鋭く、「若親分!」と方々から声が飛ぶ。じつはこの虎之助、侠客の大親分を祖父に持つ根っからのやくざだった――。敵との縄張り争い、主筋の藩の跡目騒動、次々と舞い込む難題に稀代の暴れん坊がはったりと剣戟で対峙する!  痛快時代小説シリーズ第一弾。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎時代小説文庫
電子版発売日
2014年06月12日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「大名やくざ」のユーザーレビュー

待望の新シリーズ

表紙怖いw 2014年06月13日

耳袋秘帖シリーズや妻はくの一シリーズの風野先生の新シリーズということで早速購入、早速読破!軽快なタッチで話がどんどん進むので良いですよね~。これ早く続きがよみたいな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月14日

お母さんが任侠で、お父さんはどこかの旗本。
妾というかなんというか、昔の日本て鷹揚だなぁ。
そんなワケで、旗本の五男坊という出自でありつつ、母親が仁義に生きている人だったため、育ちは芝の駕籠かきを営むやくざ一家。

旗本の冷や飯食いが有馬家に入り婿しているところから物語は始まるのですが、
あまり込み...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月06日

やくざの親分の娘がお武家さまとの間に設けた息子さんが旗本に養子→本家本元の大名家に跡継ぎがいなくて、なんとアラフォーになってから大名に!

やくざのお家で純粋培養されていたので裏家業にも強くって、これは幕府の闇を痛快に暴いちゃうんじゃないの?…ってお話の第1巻でした。

つかみはOK!
文字も大きく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月16日

旗本の息子である虎之助。
でも母方の祖父がやくざの親分で、そちらの世界での方が名が知られてるほど。
ちょこっと乱暴な面もあるが、何となくうまくまとめあげていく。
処世術に長けているとも言えるが、おべっかを使ってというものではなく、痛快な物語。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月02日

やくざが大名に!!というツカミはばっちりな設定(笑)
やくざに育てれられたが武士でもあるという変わり種の主人公が、やくざの世と武士の世を渡り歩いていくのだが、周囲との軋轢もなんのその、我が道を貫いていくのが爽快だった。
喧嘩っ早くて乱暴者の面もあるが、情に厚いのが主人公の魅力。周囲の人物たちも個性的...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,619

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!