歌川国芳猫づくし

歌川国芳猫づくし

作者名 :
通常価格 753円 (685円+税)
紙の本 [参考] 759円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

天才絵師と猫。江戸の怪事件を解く!

今なお人気の歌川国芳が風刺画、春画、滑稽画を引っ提げて江戸の怪事件に出くわす!
猫を愛した天才が活躍。『耳袋秘帖』の著者が描く、ユーモア溢れる短編集。

美人画、春画、幽霊画、ご政道批判の風刺画まで。
黒船来航の時代に八面六臂の活躍を見せた天才絵師・歌川国芳。
個性派揃いの弟子たちと、八匹の猫に囲まれながら遭遇するのは、金魚偏愛者や贋国芳、葛飾北斎の娘や歌川広重も登場する怪事件ばかり。
謎と老いらくの恋が絡み合う――人気時代作家待望の短編集。
解説・金子信久

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2016年09月23日
紙の本の発売
2016年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

歌川国芳猫づくし のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年09月30日

    面白かった!
    国芳と猫とお弟子さん達と、身近のちょっとした謎解き。不思議もあり。
    お栄さんや広重も登場するし、北斎や暁斎の逸話なんかもてんこ盛りで超豪華!
    国芳と同じ時代に生きていたら、彼が絵に込めた想いもリアルに感じとれてもっと楽しめて驚けたのに…と思うと悔しいーっ。
    至急、本の中に出てきた作品を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月27日

    面白かった。
    帯には怪事件、という言葉があったが、特に怪事件というわけではなく、難解な謎解きがあるわけでもなく、その意味では耳袋とは違うのだが、人間の織り成すいろいろなことが丁寧に書かれているという感じ。まぁ、事件はそもそも怪なるものばかりだと思えば、怪事件でもよいのかな。
    一編一編が味わい深い。義...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月15日

    装丁ラブ(笑)

    きっとこんな人だったんだろうなという国芳観に合っていた。
    読むまでは勝手に「国芳と愛猫が探偵して事件解決!」みたいな作品だと思っていたので、あれ?
    と感じたけれど、面白く読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月20日

    普通に面白かった。けど、長編だったらもっとよかったのになぁとおもいます。そして思ったよりもにゃんこが活躍しなかった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年10月20日

    歌川国芳の周囲で起こる様々な事件とその顛末を軽快に描いてあった。
    下手なのに国芳に絵を習いに来る老人、金魚を偏愛する男、北斎の娘・応為に振り回される日々、病を抱える妻に義母に自分自身に猫、幽霊が出てきたり、歌川広重との冷戦があったり、最後は自分の偽者まで現れたり。
    国芳が大好きな猫は常に八匹置いてお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています