ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア11

男性向けライトノベル7位

  • NEW
  • 最新刊

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア11

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
紙の本 [参考] 680円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「斬れなかった……モンスターを」
ベルとの戦いを経て、失意に沈むアイズは思い悩んでいた。己の戦う意味、破られた誓い、怪物の涙。全てを自覚した上で少女はもう一度少年に会いに行く。
「作戦開始は――十日後だ」
そして時計の針は進む。
迫りくる人造迷宮(クノッソス)攻略作戦。垣根が取り払われた神々は結託し、冒険者達は意志を一つにし、異端の怪物達もまた、その運命の日に集う。待ち受けるは闇派閥(イヴィルス)残党、怪人(クリーチャー)達、そして――都市の破壊者(エニュオ)。迷宮都市(オラリオ)の命運をかけた戦いが今、幕を切る!
これは、もう一つの眷族の物語、
――【剣姫の神聖譚(ソード・オラトリア)】――

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
GA文庫
ページ数
344ページ
電子版発売日
2019年01月12日
紙の本の発売
2019年01月
コンテンツ形式
EPUB

書店員のおすすめ

本編であるベルたちヘスティア・ファミリアの活躍と同じとき、アイズたちロキ・ファミリアは一体何をしているのだろう?という疑問を抱いたことはありませんか。同じ世界、同じ時間ではそれぞれ今を生きているはず…。
そんな彼らを描いたもう一つの物語が、この外伝、ソード・オラトリアとなります。

外伝といえども侮ることなかれ。作者は本編と同じ大森藤ノさん。その描写は折り紙付きです。
さらに、同じ作者だからこそ絶妙に混ざり合うストーリー。暗躍しているイヴィルスたちの動きなどの裏側が描かれ、アイズ、フィン、ベート、ティオネ・ティオナ、リヴェリア、ガレスなどの実力に沿ったド派手なバトルが展開!
ほかに本編では語れないようなロキの眷属たちの背景も明らかになっていきます。
読むと彼らの印象が変わるかも!?読み終われば、きっとあなたはもう一度本編を読み返したくなります。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています