夕暮まで

夕暮まで

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
紙の本 [参考] 506円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

若い男女のパーティに、幾人かの中年男が招かれる。その一人佐々は会場で22歳の杉子をホテルへ誘う。処女だという彼女は、決して脚を開かせない代りに、オリーブオイルを滴らせた股間の交接、フェラチオ、クニリングスは少しも厭わない。こうして中年男と若い娘の奇妙な愛は展開していく。しかし事の結末は呆気なくおとずれる。人間の性の秘密を細密に描き上げた一幅の騙し絵(トロンプ・ルイ)。野間文芸賞受賞。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2014年04月04日
紙の本の発売
1982年05月
サイズ(目安)
1MB

夕暮まで のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年12月24日

    もっとも多く繰り返し読んだ一作(数十回も・・日課のように十日間毎日読んだこともある)。特に作家が好む作家(作品)であるように思われる。同業者として作家がこういう隅々神経の行きとどいた文章に魅せられ、その才能に惹かれるのはよくわかる。反面こういう文章(知性≒感性)はいまの時代にそぐわないものなのかも・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月30日

    難しい‼本の厚みだけで云ったら薄っぺらいのに、濃厚な話しだった。解説に卑語が飛び交っていたもんで、どんな内容か不安だった為レビューを読んだらまぁ賛否両論!これはやっちまったかも…と思ったけど、あたしはドンピシャに好きな感じだった。文体もモヤーッとした2人の関係も描写も。杉子も遊びだったのかと思ったけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月11日

    5/11
    行間からたちこめるエロス。
    物語が男女の関係を描いているということとは無関係に、匂い立つものがある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    主な登場人物は
    22歳処女の杉子と、
    現代的にいえばチョイ悪な中年の佐々。
    ふたりのねじれた肉体関係。

    印象に残ったのは、
    杉子とのお食事中に、
    佐々がレストランのテーブルに
    外国のエロ写真をばさっと広げるところ。
    「まあ、いやだわ…」
    と恥ずかしがりながらも
    エロ写真収集癖の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月20日

    伊藤裕作によれば本書の影響を受けた風俗店に愛人バンクやデリヘルがあるらしい。納得。主人公の中年は女子大生の素股とフェラチオとクンニを満喫する。デリヘル嬢を半日予約してたら警察にたまたま尋問され免許忘れて妻子にバレないか心配するとかしょうもない話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月26日

    中年男で妻子あり
    なのに遊び人で、若い女といくつもの関係を持っている
    そんなやつとの恋愛が、遊びでないわけがない
    だから本番行為なし
    でもそれ以外なら何でも許しちゃう
    そんな娘
    処女だと言っている
    しかし本当に処女なのだろうか?中年男は疑わしく思うのだった
    そんなことにこだわっても仕方がないけれど
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月09日

    セックス以外の性行為を中年男に許す処女について話が進む。オリーブオイルでの素股など性的に技巧を持つ処女というのも悪くないが、これといったとらえどころが表現しようがない作品である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月13日

    あんにゅい。
    変なおっさんと、尻軽女(処女―それ以外はなんでもする)のお話。
    何も起こらない。いや、正確にいうと途中で女が処女じゃなくなるんだけども、それは話のなかえではどうでもいいことらしい。あっさり描写、てか、見逃したくらいだ。

    それにつけても、作者は男である。
    この一つも素敵なところのない男...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月11日

    技巧的な恋愛だな――というのが、第一印象。主人公の佐々さんは、腹立たしいくらい安定しているように見える。飄々と不倫するの。もうちょっと翻弄させてやりたい反面、この手の男性が魅力的に映るあたり、私もクチバシが黄色いよなあ、って。

    そんなふうに、主人公はノンシャランな男性っぽく私の目には映るけど、男性...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    自分の人生と“処女”の扱いに戸惑う22歳の杉子に対して、中年男の佐々の怖れと好奇心が揺れる。二人の奇妙な肉体関係を描き出す。第31回 野間文芸賞

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング