娼婦の部屋・不意の出来事

娼婦の部屋・不意の出来事

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

男に翻弄され、ほかの職業についてもすぐに元の娼婦に戻ってきてしまう女に対する「私」の奇妙な執着を描いた『娼婦の部屋』。場末のキャバレーで働く女と、女のヒモで気の弱いヤクザ、三流週刊誌の記者である「私」との三角関係を淡々と描いた『不意の出来事』。ほかに『鳥獣虫魚』『寝台の舟』『風景の中の関係』など、初期の傑作短編13編を集めた作品集。新潮社文学賞受賞。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2014年04月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2014年10月13日

    吉行淳之介の小説は、肉体とか性を通さないと生をつかめない登場人物に不条理を表現させているイメージなので、一見すると無機的なのかと思いきや、不思議な形で感情が介在している感じがします。そのバランスがなんだか癖になります。
    この短編集では、『鳥獣虫魚』という作品がひときわ好きです。登場人物たちの不安定に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月20日

    驟雨や原色の街より面白い。何度も娼婦稼業に戻る女、娼婦についていくと実は男娼で勤務先をやめて薬物中毒とオカマにハマる男、実は傷ついた肉体を持つ女との関係とすぐそばの死、ゴシップでタレントを揺する安い記者とヤクザと女の三角関係。陰気臭い話だが淡々と描かれて良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月08日

    この直前に読んだ『原色の街・驟雨』より少なくとも当方にとっては全然上、評価も当然ながら上とならざるを得ず。
    娼婦との関係という、少し厳しく言ってみれば私的な、小さな世界でストーリー展開していたのが、上手く昇華した感じ。まぁ熱狂的なファンからすると嫌なのかもしれないけれど、必要なステップアップという感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月01日

    吉行淳之介の初期の傑作短編13編を集めた作品集。ちょっとした情景描写や登場人物の挙動の行間に含むものがある。ただそこには人間性のどす黒い闇が直接的に描かれているわけではない。それどころかある種の非人間的な清々しさすら漂っている。しかしそれでいて不思議と心を捉える人間臭さが立ち篭めている。「不意の出来...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    一番好きなのは「鳥獣虫魚」。
    「なにを見ても石膏色に見える」
    というほどに重たく沈みきった心の主人公と
    似顔絵描きの女の関わり合いを描く。
    淡々としているのだけれど、読んでいると、
    どこか橙色のあかりがぼうっと灯るような
    そんな感覚になるから不思議。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    どの短編だったか 雪国の宿の女たちが入浴しているシーン あと、自伝的な作品の 病床の少年 どれも淳之介臭が濃くて好き

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「鳥獣虫魚」「寝台の舟」「風景の中の関係」、青い花」、「紫陽花」など、初期の傑作短編13編を集めた作品集。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    13話の短編集です。どれも不思議なストーリーで、中にはついていけなくて、置き去りにされてしまうものもありました。一番不思議でないのが、1話の「娼婦の部屋」。吉行さんの本にはよく娼婦が出てきますが、雑誌記者の「私」が娼婦の秋子のもとへ通う話。その秋子は何度も娼家を出て、素人になり、そしてまた舞い戻り・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています