僕の明日を照らして

僕の明日を照らして

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 638円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

中学2年生の隼太は、この春に名字が変わった。シングルマザーだった母が、町で人気の歯医者と結婚したのだ。すごく嬉しかった。なのに…。優ちゃんはときどきキレて隼太を殴る。母さんは気づかない。隼太が、優ちゃんの抗議をものともせず全力で隠しているからだ。この孤独な闘いから隼太が得たものはなにか。友だち、淡い初恋、そしてこの家族に、選択の時が迫る。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま文庫
電子版発売日
2014年03月11日
紙の本の発売
2014年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

僕の明日を照らして のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年06月12日

    人の感情がうまく描かれている。

    知らない世界だからわからない世界でもある。

    あったかいような切ないような変な気持ちになるけど後味は悪くなくて、サクサクと読まされたという感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月06日

    2022/01/06
     神田歯科の委員長である優ちゃん(お父さん)と再婚をしたお母さんの子どもである隼太は家の中で優ちゃんからDVを受けていた。
    しかし、自分自身をなかなかコントロールできない優ちゃん自身もそのことや、隼太との関係性に悩んでいた。二人で、どうしたら優ちゃんが虐待をしなくなるのかを考え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月02日

    虐待する継父と僕(隼太)の物語。というと、無職で酒浸りの父親を想像してしまうが(私だけ?笑)、この父親(優ちゃん)は近所でも評判の優しい歯科医。普段とても優しくて穏やかなだけに、スイッチが入った時にガラッと変わってしまうのが怖い。でも我に帰ると、猛反省…ものすごく小さくなってしまう。
    2人で“優ちゃ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月21日

    切なくて痛々しくて、すごく優しい話だった、と思う。
    子どもは確かに決定権がないし自立は難しいけれど、その中で本当に色々考え、感じて生きている。守りたいものもある。
    隼太は中学生らしい脆さを持ちつつも、とても賢い…周りの空気や気持ちを敏感に読み取る。そして優しい。
    そもそも人間は、ここでいえば優ちゃん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月08日

    殴られてもひどいこと言われても
    ずっと一緒に居たい
    優ちゃんの闇を乗り越える方法を、一緒に考えて、
    ずっと一緒に居られるようにしたい。

    優ちゃんに殴られる以外全然かわいそうな子供じゃないのに
    殴られてでも一緒に居たいなんてわからないけど。
    家族だからとか、愛してるとか、わからんないけど、いっしょに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月03日

    虐待してくる義理の父。
    それだけ聞くと最悪だと思ってしまう。
    でも、それでもいてほしい、大好きな人だって事も当の本人達にとってはありえるのかもしれない。
    幸せは周りが決めたり、押し付けたりするものではなくて、自分の心でわかるものなんだろうなぁ。
    普通と違っても、それでもいいのかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    marina 2022年02月08日

    この作品、「虐待」や「暴力」「家族の在り方」がテーマかと思いきや、「善と悪」「優しさや正しさとは」など、壮大なテーマが潜んでいて、本気で道徳の教科書に載せてほしいぐらい、深い。。

    それにしても、元中学校教諭の瀬尾さんだからこそ、中学生を描くのが毎回上手ですね( •ꙍ•́ )✧

    人の心って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月11日

    強がってる隼太だけど、やってることも発言もむちゃくちゃだって思うところがたくさんあって、やっぱり中学生だなって感じた。

    「本当に解決しようと思えば解決できるでしょ!」と思ったり、
    「その状況が明らかにおかしい。」「もっといい形で解決できそうなのに。」
    って感じるところもあるけど…

    優ちゃんが自分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月22日

    最初のページから“優ちゃん”という典型的なdv男が登場し、この話は虐待の話なのかと思いました。でも、少し違いました。確かにこの後も隼太は父からの暴力に悩まされますが、2人は仲を深めていきます。どう時間がすすんでも仲良くなんてなれるはずのない父と息子。
    お互いに自分の「悪」の部分を知り、受け止め合うこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月07日

    自分は好きな話でした。辛いことから逃げるのではなく向き合うということ。この世のこと全部がハッピーエンドではないこと、でもみんながちょっとずつ成長していくこと。それらを感じさせてくれました。変な気持ちで終わってしまう人もいるかも知れませんが、ぜひ読んでもらいたい一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ちくま文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング