秋山久蔵御用控 虚け者

秋山久蔵御用控 虚け者

作者名 :
通常価格 733円 (667円+税)
紙の本 [参考] 737円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

若い武士の刺殺体が見つかった。滅多刺しだったことから、恨みによるもの、また女の仕業であることが疑われた。調べを進めると、武士は評判の悪い旗本の倅で、人形問屋の娘を弄び、身投げに追い込んでいたという。手下とともに真相を暴いた南町奉行所吟味方与力・秋山久蔵が、最後に見せた裁きとは?
好評シリーズ第19弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
シリーズ
秋山久蔵御用控シリーズ
電子版発売日
2014年01月31日
紙の本の発売
2013年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

秋山久蔵御用控 虚け者 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年04月10日

    20160410 定番のストーリーだが少しずつポイントが違うので毎回ハマってしまう。ストレスで自分を見失いそうな時に助かる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月10日

    全体の流れの中での出来事は与平が老齢のため、肺が悪くあと五年、七十才程度の命と小川良哲が見立てる。

    個々の物語は柳橋の親分ところの面々と同心数馬を率いて悪人退治をするといったいつものパターン。

    はらはらドキドキすることなく安心して読める、お暇な時に読んでねって本。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています