赤い珊瑚玉~日暮左近事件帖~

赤い珊瑚玉~日暮左近事件帖~

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

公事宿「巴屋」に、常陸の百姓が年季証文を持ち込んだ。百姓の女房が料理屋「松葉屋」での奉公を終えているはずが、まだ明けていないといわれたのだという。「巴屋」出入物吟味人の日暮左近が「松葉屋」の周りを調べ始めると、次々に不審な点が見つかり、背後にある藩の影が浮かんできた――。左近の無明斬刃剣が、弱き者を狙う悪を斬る! 迫力と充実のシリーズ第七弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2020年01月31日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

赤い珊瑚玉~日暮左近事件帖~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ購入済み

    公事宿の出入物吟味人の仕事

    boof 2021年07月04日

    久々に、忍びの残忍な戦いや暗躍の無い、公事宿の出入物吟味人の仕事だった。こういう話の方が、良いと思う。三話とも、それぞれに、面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

光文社文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング