記憶の海 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season VII

記憶の海 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season VII

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

いちばん逃げたくないと思っているのは、勝利自身のはずだ。誰よりも勝利こそが、今の自分を不甲斐なく思っているに違いないんだから……。勝利がオーストラリアに旅立ち、残された傷心のかれんを支える弟の丈。勝利の辛さもかれんの寂しさも、そばでずっと見てきた丈には、わかりすぎるほどわかる。そんなもどかしい日々の中、由里子の思いがけない提案によって、新しい光が差し込み始める。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
シリーズ
おいしいコーヒーのいれ方シリーズ
ページ数
216ページ
電子版発売日
2013年12月20日
紙の本の発売
2013年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

記憶の海 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season VII のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年04月02日

    前巻『彼女の声』の日本サイド。
    日本にいるみんなの日々、思い。

    どんなときでも時間は流れていて、みんな日々を進んでいて。
    手紙を送る側と受け取る側。
    電話をかける側と受ける側。
    それぞれの目線で見るとまた違った景色があって…。

    優しさが痛い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月08日

    一気読みしてしまう人気シリーズ。わたしもかれんのように柔らかく強くありたい
    もはや感想ではないけれど

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月17日

    今年もついに夏がきました。
    夏といったらこれですね、「おいコー」シリーズ。
    おいコーを読まないと夏に入れないです。

    今年は1冊。
    なんとこの巻の語り手は丈!
    待ってました!丈大好きです!笑
    いや~丈大人になりましたね。
    丈みたいな弟、彼氏が欲しいです。

    前巻までは勝利のオーストラリア編でしたが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月13日

    彼女の紡ぐ物語では、人物の会話がどれもクサい。
    「日本の高校生男子は多分そんなこと言わないよ!」
    ということを丈も平気で口にする。

    ちなみに村山さんの場合、物語だけでなくエッセイ文でもクサい。
    加えて普通に喋っていらっしゃるときまでなぜかちょっとクサい。
    書き物で使う言い回しを、そのまま会話でも使...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月07日

    おいコー最新刊。わずか2時間足らず。この安定感(^^)

    オーストラリアにいる勝利ではなく、日本にいる丈の視点から。
    時間軸としては、前の二巻分でしょうか。
    うやむやにできない場面をしっかりと書かれていましたね。

    もう少しで終わってしまうのかなぁ。どのように持って行くんですかね。まぁ、また来年を楽...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月02日

    勝利がオーストラリアで苦しんでいた頃、日本でも何人もの人がその胸を痛めていたのでした。その優しさがまた、痛くもあったりするわけで。大切な人を思いやることの難しさと、近付く終劇の時を感じるのでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月10日

    セカンドシーズン7作目。シリーズ17作目。
    いよいよ佳境に入ってきた感。今回は、勝利がオーストラリアにいる間の日本の様子が丈の目線で書かれている。主人公の勝利が登場しないっていうのも斬新で、他の人たちの現在の本音などが知ることが出来たのが良かった。
    登場人物が人間的に素晴らしい人たちしかいないという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月28日

    夏がきたなとこの作品が出ると感じる。
    足かけ19年間、読み続けており、今も毎年文庫になるのを楽しみにしている。

    セカンドシーズンの第7弾

    今作は、日本を舞台に、丈の視点から物語が進行する。

    小さな命が失われ、勝利は、オーストラリアへ・・

    まだ、自分を責め、殻に閉じこもっている・・
    丈は根気よ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月03日

    丈の視点から描かれているこの巻はいわゆるサイドストーリー的な位置づけで、主人公の時間軸は全く進んでいないが、物語全体に立体感を持たせる構成である。別の登場人物を主体に物語を描きなおすというのは村山由佳作品に多く見られるスタイルであるが、やはり面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月25日

    ショーリがオーストラリアに行ってる間、丈の視点で描かれるお話し

    周りの反応は予想通りだな
    マスターも由里子もそんな対応をするだろうよ と思う範疇

    まぁ、でもマスターが深い所で考えてるところはそうかもと思う
    マスターの言葉に涙しながら読みました

    これでおショーリのオーストラリア編のヒキにもつなが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

記憶の海 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season VII の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング