雨の塔

雨の塔

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

その岬には資産家の娘だけが入れる全寮制の女子大があった。衣服と食べ物は好きなだけ手に入るが、情報と自由は与えられない。そんな陸の孤島で暮らす4人の少女――高校で同性と心中未遂を起こした矢咲、母親に捨てられた小津、妾腹の子である三島、母親のいない都岡。孤独な魂は互いに惹かれあい、嫉妬と執着がそれぞれの運命を狂わせてゆく。胸苦しいほど切なく繊細な、少女たちの物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
216ページ
電子版発売日
2013年12月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

雨の塔 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月16日

    もう何周したかわからない程読んでます。雨の季節になると開きたくなる世界。閉じてて潔癖で痛々しくて儚くて、大好き。雨の降る、美しい小説でした。
    心のなかに、さくらしかいなかった矢咲、母親しかいなかった小津、お互いしかいなかった三島と都岡、4人の関係が交差していき、仲良くなったり嫉妬したり壊れたり愛した...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ラプンツェルの塔

    mi 2020年09月13日

    雨の塔を見上げた矢咲は
    その小さな窓から
    救いの髪が降りてくるのを願った。

    窓から見下ろした小津は
    垂らす事の出来ない
    うなじで切り揃えられた髪の毛で
    あがっておいでとただ願うのみ。

    妄想を最大に働かせると
    もうここで彼女達の命運は決まっていたように思える。

    小津はもう限界だった。

    母に捨て...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月24日

    稀に見る読み心地の良い本でした。
    序盤を少し読んだだけで、ああ、こういう雰囲気凄く好き!と思えました。
    表紙もセンス良いですよね。きめ細やかな全てにときめける1冊。

    4人の少女の中で、一番思い入れが強かったのは小津でした。
    一番不幸せだと思われる彼女が、私には一番羨ましかったです。
    絶望して、諦観...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月05日

    宮木あや子嬢が好き過ぎて。

    桜庭一樹ちゃんの勢いも大好きだけれど、それとは違う痺れるような苦しさが堪らず。

    心中未遂の矢咲、母親に捨てられた小津、妾腹の娘の三島、母親のいない都岡。

    何の心配もなく浸れる嬉しさ。
    苦しくて美しいものが好きな自分に相変わらず驚く。

    で、マフィン焼きたくなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月15日

    友達に耽美系の本ない?って聞いたら貸してくれた本
    久しぶりにドストライクすぎてつらい…!

    常々可愛い女の子たちを可愛いものがいっぱいの部屋に閉じ込めたい、って思ってたから、世界観が本当にツボで幸せ
    少女小説ってこんなにも素敵なんですね

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月23日

    みんな脆くて臆病で、こじれた思いに傷つき合う。
    触れたら壊してしまうのは分かってた。
    でも、その手を掴まなければ壊れてしまう程に弱かったから。
    あやうい均等が崩れた時、絡まり合った糸はちぎれる。
    大事にしたかったものは、あまりに儚い未来で。
    二人には見ることのなかった結末も、都岡と三島ならたどり着け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月09日

    ずっと読みたい本リストに載っていたのですが、やっと読めました。
    資産家の娘だけが入れる、岬の学校。
    学生証をかざせば、キャッシュレスでブランドものからスイーツまで何でも手に入る。手に入らないのは、情報と自由だけ。読ませる設定で、独自の世界観を描いているのが、さすがです。

    耽美な世界に溜息がでそうに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月23日

    宮木さんの日本語が好き。 あえかな とか初めて現代小説で見かけたのではないだろうか。綺麗で、柔らかで、的確で。すごいなぁ。
    隔絶された大学に住まう、訳ありで裕福な四人の少女たちがたおやかに惹かれあい傷つけあうお話。
    地の文で気になったのは他者の存在感。確かに学校の在り方として人との接触を極力減らすよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月08日

    それぞれ事情がある4人の美しい少女。
    人里離れた岬にある全寮制の女子校で出会い‥
    端正な文章で淡々と描かれるムードのある世界です。

    大変な資産家の娘だけが入ることの出来る特殊な学校。
    学生証をかざすだけで、広大な敷地内にあるテーマパークのような店でブランド物の洋服も流行のスイーツも手に入れられるが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月05日

    この世の果てにある岬の学園。最新のファッションも、パティシエのスイーツも、何でも手に入るが情報は遮断された、豪奢な島流し。様々な事情を抱えた資産家の令嬢たち。

    グミベア。焼きたてのバナナマフィン。パフスリーブのベビードール。イチゴの指輪。桃の香りのシャンプー。ジンジャースパイス入りの甘い紅茶。シャ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング