駅やコンビニや飲み屋に、使いたい人がいつでも使用できる「自由な傘」を置いておく――パリのカフェで、札幌に向かう寝台列車で、日曜日の西荻窪の路上で、泡のように浮かんでくる思い。小説デビュー作『パイロットフィッシュ』で主人公の青年も夢みたシステムは、現実でも可能なのか? 表題エッセイのほか、旅や言葉、本や大好きな周囲の人々など、作家ならではの思索的日常をさりげなくスケッチしたエッセイ集。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

傘の自由化は可能か

Posted by ブクログ 2011年10月13日

エッセイ。大崎さんの小説は読んだことがないのですが、タイトルと表紙に惹かれて手にとりました。
「ヨーロッパの空」「記憶の湖」「言葉の宇宙」「世界の端で」の4節にわかれています。
ひとつひとつが短いので、移動時間に読むのもいいかも。
将棋連盟の方なのですね…将棋がやりたくなりました。

このレビューは参考になりましたか?

傘の自由化は可能か

Posted by ブクログ 2015年05月22日

小説家になるために中学の時から綿密なカリキュラムを組んで、それを実行していたという。しかしいざ書くとなると何も書けない。結局41歳まで何も書けなかったという。結局「炎」が必要だったと。小手先の器用さではなく、必死さ。これが自分にも欠けている。

このレビューは参考になりましたか?

傘の自由化は可能か

Posted by ブクログ 2013年12月22日

同じネタが何度も繰り返されているが、作家って1つの出来事をこんな風に膨らませて物語にしていくんだなぁと、創作の過程が分かって興味深かった。

優しさとは、気持ちではなく行動である
なるほどなぁ、と感じた一文でした。

このレビューは参考になりましたか?

傘の自由化は可能か

Posted by ブクログ 2012年10月25日

「パイロットフィッシュ」「アジアンタムブルー」「孤独かそれに等しいもの」を書いた作者のエッセイ集。

著書にはノンフィクションもあるらしいのですが、私はもっぱら小説のファンです。

小説について、将棋について、禁煙について様々な切り口で作者のものの捉え方を知る事ができます。

特に、二十代を感性の世...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

傘の自由化は可能か

Posted by ブクログ 2012年06月24日

初めて読む大崎さんのエッセイ集。
それにしても小説の世界から想像する作家像と、この本で語っている人物が同一だとは思えない。
大学に行かずに将棋に没頭していた大学時代と挫折、その流れで将棋関連の仕事につき・・・意外にも結婚したのは40代。パチンコが好き、釣りもする・・・意外な一面ばかり
今度はドキュメ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

傘の自由化は可能か

Posted by ブクログ 2011年02月05日

大崎善生さんのエッセイ。

大崎さん自身のこと、小説に対する思い、考えを知ることができます。
この本を読んでからもう一度小説を読み直してみても良さそう。

このレビューは参考になりましたか?

傘の自由化は可能か

Posted by ブクログ 2010年01月29日

デビューしてから6年分のエッセイ集。
聖の青春・パイロットフィッシュ・ドナウよ静かに流れよの時期が中心。


苦悩の多い過去の話の中でポンとおちゃめな日常の話が混ざってたりするので、
なかなか油断できないエッセイ集である。

自伝的な要素が結構強め・・・あと地味に重いです。

このレビューは参考になりましたか?

傘の自由化は可能か

Posted by ブクログ 2010年01月06日

【内容】
駅やコンビニや飲み屋に、使いたい人がいつでも使用できる「自由な傘」を置いておく―パリのカフェで、札幌に向かう寝台列車で、日曜日の西荻窪の路上で、泡のように浮かんでくる思い。小説デビュー作『パイロットフィッシュ』で主人公の青年も夢みたシステムは、現実でも可能なのか?表題エッセイのほか、旅や言...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?