イシュタルの娘~小野於通伝~(1)
  • 完結

イシュタルの娘~小野於通伝~(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 513円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「うわさにたがわぬおもしろき娘よ」と信長にも愛された娘・小野於通(おの・おつう)。於通を知らずして戦国は語れない!! 大和和紀が初にして待望の戦国ロマンのヒロインに抜擢したのは、小野於通――!! その輝きはあたかも戦国の闇を夜明けに導く明けの明星――信長に見出され、秀吉に重用され、家康に信頼された才女、小野於通。その知られざる生涯を大和和紀が描く本格戦国ロマン!!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
BE・LOVE
電子版発売日
2013年10月11日
紙の本の発売
2010年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
67MB

イシュタルの娘~小野於通伝~(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    華麗な絵が素晴らしい

    じゃがいも 2021年03月02日

    小野於通この人物そのものを知らなかったのでずいぶんと勉強になった。
    史実とフィクションをうまく混ぜてぐいぐい引っ張て行かれる。
    信長 秀吉 家康などの有名どころの武将は当然のことながら、ねね まつ ちよ 市 淀 などの女性たちも次々登場 読んでいてうれしくなってしまう。
    そして華麗な絵が素晴ら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    戦国時代の才女

    (匿名) 2020年12月01日

    恥ずかしながら、お通については才女だったということくらいしか認識がなく。どのような女性だったのか、興味があり読み始めました。1巻読んだら面白く、その後は大人買いしました。
    ちなみに、大河ドラマ「真田丸」では、八木亜希子さんが演じられていましたね。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    引き込まれる!

    スイ 2020年10月21日

    もとから戦国時代の話はとても興味があり、好きなのですが、女性が主人公のものは読んだことがなく、新鮮でした。不思議な力を持つ彼女にどんどん引き込まれて、
    とても面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    小野於通

    ch1sa75 2020年02月10日

    信長に愛された小野於通という女性、この漫画を読むまでは存在すら知らなかったです。歴史の勉強にもなり、絵が綺麗で読みやすいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月23日

    謎の美女、小野於通(おののおつう)のことが知りたくて、現在、発売されているまでをオトナ買いした。

    大和和紀先生の描かれる於通さんは、私の想像に近いビジュアル。
    書をたしなみ勤勉で、御公家さんたちを楽しませる教養の深さ。
    かの織田信長が退屈しているときに、お相手したりと、大人物に好かれる徳がある。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月23日

    この漫画を読むまで小野お通という人を恥ずかしながら知りませんでした。
    ですが、イシュタルの娘を読んでお通がすごく魅力的な人だと思いました。
    もともと歴史物が好きだということもあるかもしれませんが、それを抜きにしてもおもしろいです!!
    安定感のある構成で、読んでいて疑問に思うようなこともないし、引き込...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月03日

    あさき~の時もそうでしたが、この作家さんは、時代考察のレベルが高くて尊敬。
    こういう作品にこそ、お金を払う価値があるなと心から思います!!

    言葉遣いが綺麗で気持ちいいですね。やっぱり古き和のものって素敵だなぁ~。

    ついこの間まで、花とゆめの、なんて素敵にジャパネスクを読んでいたんだけど、その作品...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月18日

    新しい歴史マンガという感じ。
    誰もが何度も描いた戦国時代という時代なのに於通という視点で見るとこうも違うのかと思わされた。

    自由でものすごく面白い。

    歴史好き、特に文化史好きの人には読んでもらいたいなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月13日

    面白い!大和さんの歴史ストーリは大好き★人物について詳細に研究されているのがわかり、ストーリがしっかりしていて、読んでいて勉強になります!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月14日

    大和和紀さんの書く女性が好きです。
    美しく気高く強く。でも柔らかくて女性らしい弱さもある。
    NY小町が一番好きでしたが、これもおもしろい!
    続きが楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

イシュタルの娘~小野於通伝~ のシリーズ作品 全16巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~16件目 / 16件
  • イシュタルの娘~小野於通伝~(1)
    完結
    「うわさにたがわぬおもしろき娘よ」と信長にも愛された娘・小野於通(おの・おつう)。於通を知らずして戦国は語れない!! 大和和紀が初にして待望の戦国ロマンのヒロインに抜擢したのは、小野於通――!! その輝きはあたかも戦国の闇を夜明けに導く明けの明星――信長に見出され、秀吉に重用され、家康に信頼された才女、小野於通。その知られざる生涯を大和和紀が描く本格戦国ロマン!!
  • イシュタルの娘~小野於通伝~(2)
    完結
    大和和紀が描く美しき戦国ヒロイン乱世の夜明けに先立つ明星の娘――小野於通(おの・おつう)!! 天下の趨勢は秀吉(ひでよし)へと傾き、つかの間の平和を享受する京の都で、恩ある九条(くじょう)家に巫女として仕えながら、若くして書と歌の才で、戦国社交界に認められた於通。幼なじみで近衛(このえ)家の若き当主・信輔(のぶすけ)とも気持ちが通じ合い、心躍らせるが、幸せな時は短く……!?
  • イシュタルの娘~小野於通伝~(3)
    完結
    戦国屈指の謎の美女・小野於通(おの・おつう)がおもしろい!! 於通、いよいよ戦国社交界の中心・大阪城へ! ――志摩守(しまのかみ)との愛なき結婚に終わりを告げた於通。帰るところは懐かしい京の町! しかし関白を秀吉(ひでよし)に横取りされた信輔(のぶすけ)は別人のように荒れていた。一方、於通は一心に取り組んだ書が評判を呼び、秀吉正室・於ね(おね)の祐筆に抜擢。大阪城へあがり、秀...
  • イシュタルの娘~小野於通伝~(4)
    完結
    美と才智。女が闘う戦国!! 戦国乱世の時代が動くとき、そこに小野於通(おの・おつう)がいた!! ――対立を深める秀吉(ひでよし)と摂関家筆頭・近衛信輔(このえ・のぶすけ)。愛する信輔の身を案ずる於通にも、石田光成(いしだ・みつなり)の監視の目が光る。そして茶々の懐妊!! 時代がざわめき始めて……!? そんな中、真田幸村(さなだ・ゆきむら)と、その兄・信幸(のぶゆき)との交流が、於通のは...
  • イシュタルの娘~小野於通伝~(5)
    完結
    愛と誇りが動かす女たちの戦国。「あの娘はいずれこの大坂城の主になるやもしれぬ……」――秀吉(ひでよし)、小田原へ――。大坂城では、女たちの意地がぶつかる! 大坂城の姫、奥方たちの間で於通(おつう)はなくてはならない存在になる。秀吉が小田原討伐に出発したことを受け、北政所・於ね(おね)の計らいで大坂に集められた諸侯の奥方を招く宴が催される。於通はその手伝いをすることになり――!?
  • イシュタルの娘~小野於通伝~(6)
    完結
    天下統一を果たした秀吉(ひでよし)にとって、関白候補筆頭の信輔(のぶすけ)はますます邪魔な存在となる。そんな信輔のために、自分ができることは……。於通(おつう)が出した結論は!? 一方、利休(りきゅう)の処罰を決めた秀吉から、於通に見えていたあの、まばゆい光が消えていた!
  • イシュタルの娘~小野於通伝~(7)
    完結
    この国の平安と、愛する人の無事を願う於通(おつう)の内なる戦いは続く!! ――文禄の役を強行した秀吉(ひでよし)。武将たちが肥前・名護屋(ひぜん・なごや)に集結し、女たちが残された大坂城――。淀の方(よどのかた)、再び懐妊の知らせに、城中が沸き立つそのとき、於通の目に、衝撃の光景が映り……!?
  • イシュタルの娘~小野於通伝~(8)
    完結
    「今宵、於通(おつう)は信輔(のぶすけ)さまだけのものでございます」――老いてもうけた一子・拾(ひろい)を溺愛する秀吉(ひでよし)。帝の信頼もあつい信輔への敵意は、ますます大きくなる。そんな中、於通の才を見出し、導いてくれた大御所(おおごつ)さまが病に倒れてしまう。そしてついに、秀吉と三成(みつなり)の画策により信輔は京を追われ、流人となって薩摩へと流されることが決まり……!?
  • イシュタルの娘~小野於通伝~(9)
    完結
    秀吉(ひでよし)に疎まれ、薩摩の地に配流となった愛する近衛家の若殿・信輔(のぶすけ)を待つ於通(おつう)のもとに、信輔が赦免され、帰京するとの知らせが届く! その日を心待ちにする於通だが、ある日、方広寺の大仏の前で、恐ろしい幻を見る。天変地異を知った於通は、それを淀の方(よどのかた)に伝えるが、於通の秘めた力を知った淀の方は……!?
  • イシュタルの娘~小野於通伝~(10)
    完結
    天下を二分する大戦へ時代が揺れ動く中、於通は大切な人を守るため立ちあがる!! 豊臣忠義の将・石田三成の蟄居により、権勢を増した徳川家康が、ついに戦端を開く!! 戦によって人々が引き裂かれる中、於通は信尹と共に戦を避ける手立てを模索するが……!?
  • イシュタルの娘~小野於通伝~(11)
    完結
    変わりゆく時代に戦国の女が秘める覚悟!! 泰平の世の要たる、徳川(とくがわ)・豊臣(とよとみ)両家の婚儀を成功させるため、時の権力者・徳川家康(とくがわ・いえやす)から、孫・千姫(せんひめ)の介添えを頼まれた於通(おつう)。愛する信尹(のぶただ)と娘・太郎(たろう)を想い、江戸行きを断る於通だったけれど……!? 新たな時代の幕開けに、於通は戦なき世の希望を託される!!
  • イシュタルの娘~小野於通伝~(12)
    完結
    大和和紀画業50周年フェア開催! 平穏の裏で渦巻く思惑。於通(おつう)はどう切り抜ける!? 徳川家康(とくがわ・いえやす)が権勢を誇る中、於通は淀の方(よどのかた)から、徳川が秀頼(ひでより)に政権を渡すと記した誓紙の存在を知らされる。終わったに見えた戦の世。燻る争いの火種に、於通はどう立ち向かう!?
  • イシュタルの娘~小野於通伝~(13)
    完結
    迫りくる、大坂の陣。愛する人を守るため、於通(おつう)は戦う──! 豊臣(とよとみ)か徳川(とくがわ)か。来る戦のため、迫られる決断。蟄居の身であった真田幸村(さなだ・ゆきむら)もついに戦に立つことを決意する。一方、争い回避すべく奮闘する於通のもとに、夫・信尹(ただのぶ)が倒れたと知らせが入り……!? 激動の戦国時代に生きる、小野(おの)於通の生き様を描く物語、最新刊!
  • イシュタルの娘~小野於通伝~(14)
    完結
    圧倒的な劣勢の中、家康の首級を挙げるべく徳川本陣を急襲する真田幸村。一方、淀の方と秀頼もまた、決断の時を迎えていた──。多くの血を流し、終わりを告げた戦国の世。大切な人々、そして愛する夫・信尹の死に、悲しみに暮れる於通は……!?
  • イシュタルの娘~小野於通伝~(15)
    完結
    太平の世が訪れ、帝に嫁ぐ徳川和子の介添えを引き受けた於通。慣れない御所にふさぎがちな和子を見かね、娘の於図が市中へ連れ出すが、約束の刻限になっても和子は戻らず、やがて於通にも疑いの目が向けられて!?
  • イシュタルの娘~小野於通伝~(16)
    完結
    於ね、江与、阿国……ともに戦乱を生き抜いた女性たちの死に、ひとつの時代の終わりを感じる於通。一方、徳川から後水尾帝に嫁いだ和子が、ついに男子を出産し、幕府と朝廷の関係に変化が……?さらには三代将軍・家光の乳母・おふくの恐ろしい企ても明らかになり……!?戦国の世を、なにものにもとらわれず、しなやかに生き抜いた女性・小野於通の生涯を見届けよ!!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています