かつてなく幼稚化した日本。メディアでもネットでも、「こんな日本に誰がした」という犯人捜しの物言いや他罰的な言論が多いと思いませんか? 本書では、日本でいま一番練れた「大人」の思考をもつ哲学者と思想家が、現代社会と成熟について存分に語り合います。「子どもを成熟させないシステムを作り上げてきたのは私たち自身」「人は年をとるほど“多重人格化”していく」等々、ドキリとする言葉が満載。「大人が消えつつある日本」のいまを多層的に分析し、成熟への道しるべを示した目からウロコの1冊です!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2013年09月20日
紙の本の発売
2013年08月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

大人のいない国

Posted by ブクログ 2016年08月07日

違う価値観の親や親族と一緒に過ごすことで、子供は「どっちが正しいのか」自分で考えざるをえなくなる。それで成熟するのだ。同じ価値観の親に育てられると、従うか、反発するかしか選択がない。

このレビューは参考になりましたか?

大人のいない国

Posted by ブクログ 2016年07月12日

 「今の日本には成熟した大人はいない。メディアに出てくる官僚、政治家、経営者の言動は呆れる程幼稚だが、それでも何とか社会が回っているのは、幼稚な大人でも統治できる社会を長年かけて作ってきたからだ」。こう指摘する著者たちが、幼稚な大人とは何か、なぜ今の日本には幼稚な大人しかいないのか、その幼児性を脱却...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

大人のいない国

Posted by ブクログ 2015年04月05日

私が好感をもっている二人の論客の共著だ。ちょっと考えてみれば、二人とも思想や哲学に造詣が深いし、拠点も関西だし、年もほぼ同じなんだから交流がないはずない。そんな二人が「大人のいない国」なんて、これまた(自分のことは棚に上げといて)私が常々、日本に対して思っていることに触れた本が出ているなんて。
いろ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

大人のいない国

Posted by ブクログ 2014年03月10日

内田先生と鷲田先生の対談が、とても読みやすくて納得することばかり! 私自身 精神的に大人になりきれていないなぁと反省しつつ、日本独特の社会構造について考えさせられました。何度も読み直したい1冊。

このレビューは参考になりましたか?

大人のいない国

Posted by ブクログ 2013年08月30日

私は内田樹が大好き。文章の感じが好き。
タイトルは大人のいない国(もちろん日本のコトですね)ですが、今の日本がよくないとか、今の若者は…(これはちょっとあるか)というより、もっと本質的に「大人ってこういうことなんじゃないの?」って言いあってる感じです。
私が感じたのは一面的でなくたっていいんじゃない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

大人のいない国

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年08月28日

内田センセイと鷲田清一さんの対談など。
幼稚化した日本ではあるが、逆に言うと幼稚化した人間でも運営できるシステムを構築した、とも言える。平和な時代には英雄は生まれないように、平和で繁栄しているが故に人は幼稚化してしまうのかも知れない。残念な事に。さてそんな環境ではあるけれども人間はどのようにして成熟...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

大人のいない国

Posted by ブクログ 2016年06月30日

最近本当に「大人」が減ってしまったように思う。
そんなことを考えていたら、本書に出会った。
大人について考えるところから始まって、どんどん派生していく。
本当に大人のいない国になってしまっては、困る。
今の日本は、システムが優れているため大人でなくても上手く回ってしまうというような記述があったが、確...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

大人のいない国

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年01月18日

終章『身体感覚と言葉』臨床哲学ってはじめてきいた〜。面白かった!

鷲田さんはせんだいメディアテークの館長なのね。読み終わってプロフィールを見て知った!

このレビューは参考になりましたか?

大人のいない国

Posted by ブクログ 2014年12月24日

あっという間に読んだ。
内田さんの言葉はやっぱり好きだ。

私も、しわしわの子供になっていっているな、と怖くなった。

このレビューは参考になりましたか?

大人のいない国

Posted by ブクログ 2014年12月12日

 内田氏との対談本。内田氏の著書を数冊読み、哲学、身体論、武道との関連が次第にイメージできてきていた。そして本書での国家論?(違うか)全てがつながる、という視点はまだ持てていないが、本書はかなりすんなりと入ってきた。少しは氏の主張が理解できつつあるのか、と思いながら読む。
 

このレビューは参考になりましたか?