ヤバい、マジで榎本芙三歩のことが好き過ぎて俺死ぬ。 両掌に穴が空き、好きなものを吸い込んで融合できてしまう病気「バイオ・バグ」。あやういバランスで成り立つ世界で、恋心とか青春とかはどうなっちゃうのよ? まさかの二人が描き出すラジカルポップな青春群像劇、開幕なのだぜ。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ウルトラジャンプ
ページ数
237ページ
電子版発売日
2013年08月19日
紙の本の発売
2013年04月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • バイオーグ・トリニティ 1
    完結
    通常版 1巻 615円(税込)
    ヤバい、マジで榎本芙三歩のことが好き過ぎて俺死ぬ。 両掌に穴が空き、好きなものを吸い込んで融合できてしまう病気「バイオ・バグ」。あやういバランスで成り立つ世界で、恋心とか青春とかはどうなっち...
  • バイオーグ・トリニティ 2
    完結
    通常版 2巻 615円(税込)
    いつだって終わりは唐突で、始まりは突然だ。 榎本芙三歩を密かに想う藤井、陰ながら守り続ける穂坂。そんな男子二人が芙三歩を巡る謎の戦いに巻き込まれ、瀕死のダメージを負った穂坂を、藤井がバグ穴で...
  • バイオーグ・トリニティ 3
    完結
    通常版 3巻 615円(税込)
    この消滅は、誰かの恋の消失─。 藤井と穂坂の融合は、いずれどちらかの人格が消滅する危険を孕んだものだと気づいた極子。それは誰かの恋が消えてしまうってこと。おまけに、世界はさらに理不尽な展開を用...
  • バイオーグ・トリニティ 4
    完結
    通常版 4巻 615円(税込)
    この世界は“穴だらけ”なんです。 バイオーグたちを率いる浦野の、仲間になれば、藤井と穂坂を元通りに戻してあげる、という提案に揺れる藤井。 「え? それでいいんじゃない?」という気持ちとともに、「...
  • バイオーグ・トリニティ 5
    完結
    通常版 5巻 615円(税込)
    やはりそうか おまえが三人目か 浦野の仲間になった松蔭っちが聖母を奇襲するわ、聖母も意外な行動に打って出るわ、訓練中の藤井もなんだか危うい雰囲気だわでもう大変。恋が突然の展開を見せたり、世界...
  • バイオーグ・トリニティ 6
    完結
    通常版 6巻 615円(税込)
    この穴は全ての謎につながっている!! 藤井を救うため、決死の覚悟で彼の中にダイブした極子。そこで見つけたのは、どこかにつながる巨大な穴。それはどこにつながっていて、何を意味しているのか…?とか考...
  • バイオーグ・トリニティ 7
    完結
    通常版 7巻 615円(税込)
    フミホッ、オレ 明後日 死ぬかもしれない。 浦野の真意を知り、世界がどれだけ残酷で容赦がないのかを、芙三歩を守るためにはハンターとバイオーグの全面対決が避けられないことを、自分を殺してでも無...
  • バイオーグ・トリニティ 8
    完結
    通常版 8巻 615円(税込)
    フミホが… この世界が「明日もある」という保証など もうどこにもねぇんだぜ? 始まってしまったハンターとバイオーグの全面対決。藤井は21星上位に囲まれ、穂坂は21星No.2・リゲルと対峙と、戦いは苛烈...
  • バイオーグ・トリニティ 9
    完結
    通常版 9巻 615円(税込)
    知りたいんだ 世界が壊れた日のことを 21星最高位のバイオーグ、デネブ。バイオーグ・ハンター1号、ネクロマリア。そして融合して二人で一人状態の藤井×穂坂。役者がそろい、ついにこの戦いの、この世界...
  • バイオーグ・トリニティ 10
    完結
    通常版 10巻 646円(税込)
    【ページ数が多いビッグボリューム版!】君に忘れてもらえる世界を創ろうとする 藤井が迷いこんだのは40年前の世界。バイオ・バグはなく、バイオーグもハンターもおらず、藤井と芙三歩は恋人同士、そして─...

書店員のおすすめ

「鳥になって空を飛びたい」と思ったことがある人はたくさんいるはず。そんな“昔ギリシャのイカロス”な方に朗報!この作中に出てくる「バイオ・バグ」でバシっと実現できますよ。
両掌に穴が空き、好きなものと融合できてしまうという病気「バイオ・バグ」。作中には、蝶やバイク、金魚や重機といったものと一つになった人が登場。読めば、あなたも何かを取り込みたくなるはず!
と、「バイオ・バグ」を中心としたストーリー展開ではあるが、気になる設定も満載。背景で巨大ロボが戦ったり、川に巨大生物がいたりと、大した説明もなく当然のこととして進行する展開は謎の一言。そして、細かな描写は超スタイリッシュで。謎と相まって、引き込まれ。ハマる。
「大暮維人×舞城王太郎」のまさかのコンビに、してやられてしまう作品。何も考えずにハマってはいかが。

バイオーグ・トリニティ 14

Posted by ブクログ 2018年08月15日

全然わけわかんねー!!! と思ってましたが読み終わってみれば良かったと思える不思議。全然可愛くなかったフミホの空っぽさにちゃんと理由があって、そこが満たされてゆく終盤でどんどん魅力的になっていって嬉しかった。
まさかこれが密室×ループものの亜種になるとは……

このレビューは参考になりましたか?

バイオーグ・トリニティ 14

Posted by ブクログ 2018年06月13日

完璧、舞城作品は全部読んでいるけれど全作品中でもTOP5も出来映えだと思う。描いているのが大暮維人で良かった。この情報量、この画力でなければ収まらない。最後に入っている舞城掌篇もとてもよかった。生きてて良かったなあ。

このレビューは参考になりましたか?

バイオーグ・トリニティ 1

Posted by ブクログ 2017年07月08日

第一印象は、小難しくてオシャレな話。
軽く一度 読んだだけでは理解できない…。

けど、何度か読む内に
とてつもなく切ないラブストーリーなんだと認識させられます。

噛めば噛むほど味の出る作品です。
玄人向け。

このレビューは参考になりましたか?

バイオーグ・トリニティ 10

Posted by ブクログ 2017年04月13日

むっちゃ盛り上がってきたクライマックス。愛と世界の物語にどんな決着がつくんだろう。
ホサが覚醒する10巻。

このレビューは参考になりましたか?

バイオーグ・トリニティ 7

Posted by ブクログ 2015年07月20日

ネオ・セカイ系の様相を見せ始めたクライマックス。理屈っぽい世界観設定も展開もようやくここでシンプルになる。恋は自分を、世界を壊す。すべては愛だ。愛せよ藤井。愛せよフミホ!
アクションも加速して最高のクライマックス。終幕や如何に!

このレビューは参考になりましたか?

バイオーグ・トリニティ 6

Posted by ブクログ 2015年04月04日

段々と刊を重ねていく中で明らかにされていきそうで増える謎。それが今回から少しだけ明らかにされてきたような気がする。でも、謎はまだまだ増えていく。どんどんのめり込んで先を読まないとわからない作品!とりあえず話が綺麗!次回が待ち遠しい。

このレビューは参考になりましたか?

バイオーグ・トリニティ 1

Posted by ブクログ 2015年02月01日

1巻から出ている5巻までイッキ読み。
これ、自分好みですごく面白い。
原作付きだけど、小暮さんの絵は綺麗だしテンポ良くていいな。

このレビューは参考になりましたか?

バイオーグ・トリニティ 3

Posted by ブクログ 2014年01月13日

舞城だ舞城だ.作者と作画でどんなやりとりがなされているのか気になる.
ちょっとバトル物っぽい感じが入ってきたけど,どうするんだろう.そういうのって今までにないような.

このレビューは参考になりましたか?

バイオーグ・トリニティ 1

Posted by ブクログ 2013年11月02日

ツボ。どハマりする予感。
舞城王太郎と大暮維人の見事なコラボ。
情報量の多さと言葉により紡がれる狂気じみた世界が、同じく情報量の多さと緻密な絵柄とエッジの効いたデザインと融合して化学反応じみたものを見せている。
人を選ぶかもしらんけど、軽快に一気に読み倒すもよし、じっくりと過多気味の情報量を咀嚼して...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

バイオーグ・トリニティ 2

Posted by ブクログ 2013年09月18日

完璧な漫画ほど、読んでいてつまらないモノはない
けど、完璧にギリギリまで近づく事が出来た漫画は理屈抜きで面白い
この『バイオーグ・トリニティ』は正に、それに当たる
とことん、画からもストーリーからも無駄を、作中に登場するコンバットナイフで1mm単位で削ぎ落としているような印象を受けた
ストイック、と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?