モブサイコ100(4)
  • 完結

モブサイコ100(4)

作者名 :
通常価格 596円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「何か悩みがあるなら聞くよ。兄さん」幼い頃から超能力を使える兄にずっと憧れを抱いていた弟・律。しかし、律が超能力に目覚めたとき、不器用な兄を守ろうとしていた律の抑圧された本心が露見し始め―――物語は衝撃の展開に突入していく!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
裏サンデー
ページ数
192ページ
電子版発売日
2013年09月18日
紙の本の発売
2013年07月
コンテンツ形式
EPUB
  • アニメ化

    「モブサイコ100 II(第2期)」

    2019年1月7日~ TOKYO MXほか
    声の出演:伊藤節生、櫻井孝宏、大塚明夫

書店員のおすすめ

生まれながらに持った才能を自分では全くそれと気づかない人間がいるらしい。才能のある状態がその人にとっての「普通」だからだ。特に何の才能もない書店員にはうらやましい話である。本作の主人公のモブこと影山茂夫・中学2年生もそんな類の人間で、生まれついての超能力者だが、本人はそれを「人を傷つけかねない力」と認識し、特別ステキな才能だとは思っていない。それどころか超能力を持たない秀才の弟と自分とを比べて「僕も何者かになりたい」と渇望してさえいる。
超能力でも手に入れられないものがあることを彼はよく知っている。例えばモブの幼なじみのツボミちゃんは、手を使わずに物を宙に浮かすことができるモブよりも、脚の早い男の子に夢中になった。既に自身に備わっているものに満足できないのは、大人になってからも変わらないし、それが10代ならなおさらのこと。アイデンティティーの獲得にもがき苦しむ彼らの状況を「それが若さだ」と一言でまとめることは簡単だけども、そんな単純なものではないはずだ。当の本人たちの心中など、とうに大人になった私たちの記憶からは薄れてしまっている。苦しみながら自己を獲得していくキャラクターたちの誰か ...もっと見る

Posted by ブクログ 2017年08月27日

律が覚醒し、生徒会長に迫る様は迫力があった。前巻でモブが見かけた超能力者が、悪の組織の一員であることが判明。誇山とモブの対決はスピード感があった。超能力犯罪者組織【爪】との対決に、不覚にもワクワクしている。展開的には『バビル2世』のような構図になるのだろうか?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月08日

個人的にワンパンよりもモブサイコの方が好きですね。"普通じゃない"超能力者であるモブくんが普通の人のように恋をして、悩んで、ストレスをためて、それを爆発させる。超能力者であるけれど、普通の男子高校生のような性格と行動がかわいらしくて…
絵ははっきりいって上手くないですが、コマ割り...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月19日

ちょっと待てなにこれ面白すぎるだろう…!
モブがかっこよすぎてどうしよう。
兄弟仲良しだなしかし。
そして花沢君はレギュラー枠を狙ってるんですか?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月19日

ひたすら、モブかっけえ…!!
そして、この兄弟好きだわ〜

だが、前半ほぼ主役が弟くんで物足りなかった(笑)

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年09月01日

この巻で影山兄弟が好きになった。
テルくん顔だけみれば可愛いんだけど引きのコマになると途端に笑っちゃうな

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています