大本営が震えた日

大本営が震えた日

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 737円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

昭和16年12月1日午後5時過ぎ、大本営はDC3型旅客機「上海号」が行方不明になったとの報告を受けて、大恐慌に陥った。機内には12月8日開戦を指令した極秘命令書が積まれており、空路から判断して敵地中国に不時着した可能性が強い。もし、その命令書が敵軍に渡れば、国運を賭した一大奇襲作戦が水泡に帰する。太平洋戦争開戦前夜、大本営を震撼させた、緊迫のドキュメント。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年06月07日
紙の本の発売
1981年11月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

大本営が震えた日 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月28日

    「開戦」という、絶対的な時間指定がある巨大プロジェクトを進めるために、広大な領域に広がる巨大な組織の隅々に機密情報を行き渡らせるのは困難な課題だが、いくつか失敗はあったものの我が国がそういった力を持っていたのは、いまだに陰に埋もれたままの無数の英雄がいたからなのだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月19日

    この小説は、1941年12月1日の御前会議から12月8日の米英蘭に対する奇襲作戦を行うに至るまでの話である。秘密裏に準備が進められたこの一週間の間に起こった予期せぬ事態に軍部がどのように動いたかを細い取材の元に綴られた史実なのである。それは、墜落する上海号という双発機に暗号書と開戦指令書を持ち込んだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月14日

    大本営。よく聞くようで、よく知らない言葉。調べると、天皇直属の最高機関のことで、陸軍や海軍もその下部組織になるとのこと。

    昭和16年12月8日、日本はアメリカと開戦を決意する。その始まりの真珠湾奇襲のために、日本大本営は多くの極秘工作をすすめていた。

    まだ戦争をしないことをアピールするために、開...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月02日

    おもしろい!読み応えありました!!
    真珠湾攻撃前夜の物語。
    海軍・陸軍・諜報部その全てが危ない綱渡りをした上での奇跡のような成功だったことがよく分かる。暗号解読が遅れて宣戦布告が間に合わなかったその1点だけが失敗だったんだなと。
    戦争を賛美するわけではなく、日本人が世界相手に凄いことやったのはよくわ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月17日

    吉村昭作品を読むのは、戦艦武蔵についで2作品目になる。
    開戦に至るまでの様々な出来事が緻密かつ丹念な取材で書かれている記録文学の良書。
    作戦の全容は少数の首脳部しか承知していなかったにも関わらず、ここまでの大規模な国家プロジェクトが徹底した企図秘匿の基にすすめられたことは只々驚いた。
    択捉島単冠湾か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月18日

    太平洋戦争勃発前の数日間を詳細な調査によって描き出した著者得意の記録文学。情報秘匿のためには人の死も厭わない軍部の闇、一握りの軍人により企図された奇襲計画...。
    「トラ、トラ、トラ」との高揚感、達成感とは真逆な感情が溢れ出す...。読後の疲労感が半端ない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月06日

    開戦直前の1ヶ月。秘密裡に戦争へ突入した。ほんの一握りの人が決断し、大きなリスクを負って奇襲作戦を進めた。成功しても英雄とは言えない。2015.9.6

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月13日

    昭和16年12月1日、台北から飛び立った旅客機(上海号)が仙頭上空で通信を絶つ。これには開戦の指示書が持ち込まれており、敵に渡れば今後の戦局に大きく揺るがすものとなる。大本営は必死に捜索するが敵に渡ったかどうか判明しない。同時にハワイ奇襲攻撃の艦隊も千島列島の択捉島、単冠湾に大艦隊が集結。これも秘密...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月29日

    太平洋戦争開戦に際する、マレー上陸、タイ通過、真珠湾などの奇襲作戦の裏側。様々な要因で何とか発覚しないまま奇襲は成功裏におわると。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月26日

     太平洋戦争開戦前夜の緊張感が伝わる。真珠湾攻撃に際し敵軍の発見を恐れ北上海路を取り進むのだが、敵軍に発見されれば奇襲攻撃は失敗する。同時に東南アジアに展開している日本軍がタイ国に侵攻、同国に協力を求めるが成立しない。はじめから薄氷を踏む作戦であったことが分かる。真珠湾奇襲作戦は成功するが、この戦争...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています