桶川ストーカー殺人事件―遺言―

桶川ストーカー殺人事件―遺言―

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
紙の本 [参考] 781円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ひとりの週刊誌記者が、殺人犯を捜し当て、警察の腐敗を暴いた……。埼玉県の桶川駅前で白昼起こった女子大生猪野詩織さんの殺人事件。彼女の悲痛な「遺言」は、迷宮入りが囁かれる中、警察とマスコミにより歪められるかに見えた。だがその遺言を信じ、執念の取材を続けた記者が辿り着いた意外な事件の真相、警察の闇とは。「記者の教科書」と絶賛された、事件ノンフィクションの金字塔!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年05月31日
紙の本の発売
2004年05月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
4MB

桶川ストーカー殺人事件―遺言― のユーザーレビュー

    購入済み

    怒りに震える

    hasami 2013年11月19日

    犯人はもちろん、警察の対応・体質にも凄く腹が立ち、ぶつけどころの無い怒りに悲しくなります。かと言って自分がどうこうできる問題でも無く・・・
    沢山の方がこの本を読んで、少しでもこの卑劣な犯罪が減り、困った時にどう対応するかを心に刻んで欲しい。
    あとがきの最後の最後で号泣。同じ娘を持つ身として。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月14日

    この事件を機にストーカー行為規制法が成立したのは知っていたのですが、こんなにも胸糞で複雑だったとは……。清水さんらが撮影した写真が載っているのには痺れました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月24日

    読み進めていけばいくほど、文章にはまり込むと同時に、怒りと憤りの感情が抑えきれなくなりました。あてにならない警察の対応に、苛立ちと不安を持った中での生活は、苦痛の日々であったことでしょう。現場近くで実況中継をしてた男性アナウンサーの事を今でもはっきりと憶えています。風化させてはいけない事件だと改めて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月09日

    これほどまで怒りに耐えながら本を読んだのは初めです。

    警察のやる気の無さ、態度の悪さ、正直呆れました。警察がこんな態度であれば、警察でいる意味がないです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月11日

    大学のゼミ活動の参考文献としてたまたま読んだ本でしたが、想像以上に遥かに良かった。ストーカー規制法のきっかけや、清水潔さんの存在を知ることができた。解決後の事件を追ったドキュメンタリーかと思ったら、実際にリアルタイムで事件に密着したうえに事件解決のきっかけにまでなっていたのだからとても驚いた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月24日

    いろいろな意味で衝撃の一冊だった。元写真雑誌記者、清水潔氏のノンフィクションを読むのは、「殺人犯はそこにいる」に次いで2冊目。最初から有無を言わさず引き込まれる。著者の文章、構成はものすごい。
    1999年に桶川駅前で女子大生が刺殺された。彼女はストーカー被害にあっており、警察に何度も相談していたが相...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月29日

    一度まともなノンフィクションを読んでみたいと思い、年末年始図書として真っ先に本書を購入。
    正直、事件発生当初は「気の毒な事件だな」くらいにしか思っていなかったが、娘を授かった今となって改めて事件の真相を知りたくなったという理由もある。
    この事件から15年以上も経ったのかと、時の早さを思い知らされる年...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月31日

    「桶川ストーカー殺人~遺言~」清水潔。初出は2000年のようです。新潮文庫。



    2019年3月に、「殺人犯はそこにいる」を読んで、あまりに面白くて確かそのまますぐに「桶川ストーカー殺人」を買って、読み始めて、怒濤に読み終えちゃったはずです。



    1999年に、埼玉県の桶川で若い女性が殺害さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月02日

    『遺言 桶川ストーカー殺人事件の深層』の文庫版。
    埼玉県さいたま市浦和区の須原屋で2018年8月にポップ広告でプッシュされていた。埼玉県警の不祥事であり、埼玉県民ならば読むべしと。読んでいて埼玉県警の傲慢さや責任逃れ体質に腹が立って仕方がない書籍である。精神衛生上良くないが、埼玉県民は知る必要がある...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    素晴らしい

    shibafuya 2019年11月05日

    最後の最後、びっくりで泣いてしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

桶川ストーカー殺人事件―遺言― に関連する特集・キャンペーン