遥かなる水の音

遥かなる水の音

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

〈僕が死んだら、その灰をサハラにまいてくれないかな〉。亡き周の希望を叶えるために共にモロッコへと旅立つ4人。いまの恋愛関係の行き先に不安を覚える緋沙子。近づきつつある老いにおびえるゲイのフランス人、ジャン=クロード。ふとしたはずみで身体の関係ができ、気持ちの整理がつかない幼なじみの浩介と結衣。愛の深さ、強さとは。そして生きることとは。様々な愛の形を浮き彫りにする感動長編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
440ページ
電子版発売日
2013年05月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

遥かなる水の音 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年02月16日

    恋人との事実婚状態、幼馴染、友情、同性愛…
    周の遺言によって旅に出ることとなった4人の男女。
    生と死を感じる時間の中で、それぞれが愛の形に向き合っていく物語。

    お互いを想う気持ちは確かでもそれを表す形が同じではないばかりに悩み苦しむことは多々あること。
    自分がその違いを受け入れて、それでも一緒にい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月13日

    泣いた。思春期の頃、何もない土地に行って1人きりになって独りを学ばなければならないとよく思っていた。わたしもこんな旅に出たい。とっても好きな本になりました。深夜特急も読まなくては。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月27日

    モロッコという国に行ってみたいと思えました。
    市場や礼拝、砂漠の描写に心が惹かれます。

    周は『自分が死んだら自分の灰をサハラ砂漠に撒いてくれ』と姉の緋紗子と同居人でゲイのジャン・クロードにお願いします。

    その二人に幼馴染のコウスケとユイ、現地ガイドのサイードの5人が【周】の思い出の地を巡り、彼を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月11日

    村山さんの作品の中でも1 2をあらそう良作だと思います。村山さんの話は非常に恋愛小説が多いのですが、こちらは死者の弔いの旅 ということで、ともに旅をしながら、アフリカの大自然を楽しめました。この本を読んで、サハラ砂漠に行きたくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月29日

    持ち運びの手軽さゆえ文庫本も購入しましたが、ハードカバーの単行本で20回以上読んだからか文字の感覚(間隔)に違和感があり読むのに難儀しました。^^;

    いつものことながら村山由佳さんの一人称は脳裏を360度のスクリーンにさせられますね。

    全く行ったこともないモロッコという土地ですが、視覚聴覚だけで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月04日

    この本をきっかけに、本気でモロッコに行こうと思いました。様々な人の心情や背景と、モロッコの街の描写の交錯が非常に美しいです。

    旅って、どこにいくか、も勿論ですが
    その場所で、どういう人に出会ってどういう人と行って、どういうことを考えるかっていうのが楽しいんだと思うんです

    そういうのを素敵な文章で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月03日

    BAD KIDSなどの昔の村山由佳さんの小説と雰囲気が似ていてとても好きなお話でした。
    胸にだんだんと染み込んでくるような、そんなお話。後半は特に、読んでいて涙が止まりませんでした。心に残る台詞がたくさんあり、普段自分が当たり前に享受している日常をもっとかけがえのないものとして大切にしていこうという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月21日

    何度も語り手が変わるけれど、旅が進むにつれて、それぞれの気持ちが変わっていくのが面白かった。
    皮肉屋のジャン=クロードの語りが一番せつなかった。
    何度も涙にじませながら読んだ。読後感は爽快。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月02日

    不思議な視点に最初違和感を覚えましたが、途中からはどっぷりと物語に入り込んでいました。
    久しぶりにたっぷり涙を流しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月10日

    情景が目の前に浮かんできて旅しているような気持ちになるから好きと友人に勧められ読み始めました。

    一人の死をきっかけに共に旅をすることになった4人の話という感じでしたが、後半になるとモロッコやサハラ砂漠の情景がたしかに目の前に浮かんできて一気に読み進めてしまいました。他にも人の命、宗教、多様性、など...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング