侍

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

藩主の命によりローマ法王への親書を携えて、「侍」は海を渡った。野心的な宣教師ベラスコを案内人に、メキシコ、スペインと苦難の旅は続き、ローマでは、お役目達成のために受洗を迫られる。七年に及ぶ旅の果て、キリシタン禁制、鎖国となった故国へもどった「侍」を待っていたものは――。政治の渦に巻きこまれ、歴史の闇に消えていった男の“生”を通して、人生と信仰の意味を問う。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年03月01日
紙の本の発売
1986年06月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2020年10月07日

    久しぶりに読んだ遠藤周作。
    さすがというか、やっぱり文豪。
    40年たっていても、文章が生きている。
    しばらく、遠藤文学を読み直してみようと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月25日

    実に丁寧に書かれている文章だと感じた。
    侍が、キリスト教に関して問うている部分が、非常に共感できて、また、時代の流れも感じられた。
    淡々と進むストーリーと、感情の変化、揺れが、非常におもしろかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月26日

    転ぶ。

    信仰とは何か?、ということすら、生きる上で全く考えることのない、無意味なくらいの、そんな侍の社会。
    その社会で大切なのは、ただただ忠誠であり信仰とは似て非なるモノ。

    その時代の人達が。
    何故ヨーロッパに行くのか?
    キリスト教が介在したのは何故?
    危険を冒す理由があったのか?

    という事は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月27日

    久々に読み応えのある小説に出会えた。自分の力ではどうにもならぬ運命に流されていく切ない物語。「転ばない」美学

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月21日

    物凄く面白かった。キリスト教との関わりの中から、他の作品と同じように、日本人の本質をことごとく見事にあぶりだした作品だったと感じる。

    30年近く日本で布教活動をしてきたヴァレンテ神父の「日本人はこの世界の中で最も我々の信仰に向かぬ者達です。彼らにとってもし、人間以上のものがあったとしても、それは人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月23日

    『沈黙』よりももしかしたら、こちらの方が好きかもしれない。ずしーん、と心に重くのしかかってくる作品。
    自分のことや、友だちのことを考える時、信仰って一体なんだろう、と思うことがよくある。
    それでも信じ続ける理由?
    僕はまだ、よく分かりません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月28日

    江戸時代初頭、仙台藩が送った遣欧使節の話である。主人公は、長谷倉六右衛門と宣教師ベラスコ。ベラスコの持つ、驕慢と野心、日本という困難な国で布教し、征服したいという野望。一方、侍の持つ、お役目に対する真摯さ、たとえ不条理なものでも定めと受け入れる愚直さ。この二人は対照的だが、読み終えてから気づいたのは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月23日

    貧乏な一人の侍が突如、殿様の命令によりメキシコへ派遣される。同行者には通訳兼神父のベラスコ。旅の途中で侍はお役目の為にキリスト教に帰依する。そして日本に帰ってきて…
    この本の最後にある解説を読んでびっくり。実話を元にしたフィクションだそうだ。大河ドラマにしたら視聴率とれるんではないか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月22日

    徳川幕府が切支丹禁止令を出す頃の東北のある大名が遣わした遣欧使節団に関する事実。大海に出て世界を見てきた「侍」が数年後、日本に帰国して待っていた運命とは。もの悲しくもあり、人間とは?信仰とは?を問いかけられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月09日

    報われない道程だと知りながらも、「武士」ゆえに拒否することも、引き返すことも出来ない・・・
    宗教、伝統、階級、そして鎖国に否応なく翻弄される、宣教師と支倉常長たち一団のローマ法皇謁見までの長い長い旅路を、遠藤周作の美しい筆致で、重厚に描いた作品です。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング