その未来はどうなの?

その未来はどうなの?

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「理論」で世界が語れた20世紀はもはや遠く、今や世の中は分からないことだらけである。しかし「分からない」の仕組みだけがいっそう複雑化し、もはや何が分からないか分からないという事態なのだ。この分からなさ、視界不良はどこから来るのだろう? テレビ、出版、シャッター商店街、結婚、歴史、民主主義…等、「分からない」が山積する諸問題に「100%分からないわけではない“余り”みたいなもの」を糸口にして挑む、危険で過激な知の冒険。【目次】まえがき――自分の未来はどうなの?/第一章 テレビの未来はどうなの?/第二章 ドラマの未来はどうなの?/第三章 出版の未来はどうなの?/第四章 シャッター商店街と結婚の未来はどうなの?/第五章 男の未来と女の未来はどうなの?/第六章 歴史の未来はどうなの?/第七章 TPP後の未来はどうなの?/第八章 経済の未来はどうなの?/第九章 民主主義の未来はどうなの?/あとがき

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2013年02月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

その未来はどうなの? のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年04月09日

    ちょっと斜めの視点から入っていくが、最後には必ず"確かにそうだね”とうならせる切り口になって行くのは見事だ。取り上げた話題も軽いものが多いのに、どう言うわけか内容は軽くない。これもいつもながら不思議。知的な刺激満載で面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月01日

    自分の「常識」を、揺るがすような本に出会うのは、この年齢に至ると結構なストレスを感じる。それでも、この本を読むことができたのは、幸いでした。こうした高い知性を保っている物語書きがいるのが、今のこの国の財産な気がする。何が「右傾化」だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月11日

    相変わらず、日本社会に対する批判の書であろうとは思う。そして、相変わらずわかりにくい。結局、何をいいたいのかよくわからない。そんな印象もある。

    橋本治の本は、筆の向くままにいろいろなテーマが繰り出される。それに対して、丁寧に説明したりしなかったりする。しなかったテーマはそのまんま宙ぶらりんである。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月03日

     橋本先生独特のトーンで、いつものような感じの評論?集。いつもどうもです。経済に関してのコメントが氏は特に秀逸ではないか、と感じる。
     200pくらいでちょっと物足りなさが残るが、また続編を読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月06日

    あとがきを読んで驚いた。
    橋本さん、面倒な病気で長く患っているらしい。
    地に足のついた並じゃない知性とまっとうさをもった、
    日本の知的財産と言ってもイイ人が
    「気力が続かなくて物が書けない」というのは尋常じゃない。
    その中でぽつぽつと書きすすめたこの本は、分量としては少ないが、
    橋本治らしく、たくさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月03日

    最新刊!
    患っておられるとのことで、心配…。
    今、脳を活性化というか、読んで次々に色んなことを考えてしまう本としてこの方の本に勝るものなし。
    あかん、日曜の夜やのに…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月01日

    分からないことを分かろうとして、橋本さんの本を読むと、分からないということが、さらに分かって、分からなくなるんだ。でも、その分からないという状態が嫌いじゃないんだなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月23日

    著者の橋本治さんはこの本を書き始める前からご病気になり、どうにも集中力の続かない「頭の停止した」状態からこれ以上回復しないのではないか、と医者に言われるような、その水準での安定をしている体調だったようです。なので、知の武装はいたって平準。とはいえ、読んでいると、その剣豪っぷりがうかがえました。この喩...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月17日

    「日本は、敗北を認めた方いいと思います。原発は使わない方がいいと思います。」同感。  経済発展だけが国の目指すところというのは、もう、古い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月31日

    期待したような本ではなかったけど、独特な語り口で、そういう意味ではおもしろい。橋本治さんってこんな本も書くのか。
    いろんなテーマに関して、独り言のように、著者自身の考えが淡々と述べられている。
    まとまらないので頭に入りにくいのは難点やけど、こういう「このことについてわからないけど、どのようにわからな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています