垂れ込み 警視庁追跡捜査係
  • 最新刊

垂れ込み 警視庁追跡捜査係

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「十五年前の通り魔殺人事件の犯人を知っている。直接会って話したい」。未解決事件を扱う追跡捜査係に、山岡と名乗る男から垂れ込みが入った。たまたまその電話を受けた沖田は待ち合わせ場所に向かうが、男は現れなかった。山岡との接触をしつこく試みる沖田をよそに、追っても無駄だと、十年前の別の事件の資料を掘り返す同係の西川。果たして、事態は予想外の方向へ転がっていく。情報提供者の男と絡み合う複数の事件……驚愕の真実を暴く、書き下ろし警察小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
角川春樹事務所
掲載誌・レーベル
ハルキ文庫
ページ数
424ページ
電子版発売日
2020年07月15日
紙の本の発売
2020年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

垂れ込み 警視庁追跡捜査係 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月24日

    “追跡捜査係”というのは、警視庁の捜査一課の係で、捜査が詰まってしまっている未解決事案を調べるというものである。激情家と見られ、動き回らなければ気が済まない沖田刑事と、捜査資料を丹念に読み込みながら丁寧に情報を整理して事件解決を図ろうとする西川刑事は同期の仲間である他方、本人達は仲が良いとも思ってい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月16日

    シリーズ9作目。西川も沖田もプライベートでちょっと落ち着かない。そんななか2人とも別の通り魔殺人事件を追い掛けるが、意外な展開を見せる。と云っても、読んでるものに取っては予定通りだけど。こんな事件ばかり追い掛けてると、心を病んでしまいそう。最後に意外だけど意外じゃない展開が・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月05日

    久々の堂場瞬一。時効が無くなった事件を追う物語。過去を掘り起こすより現在のきっかけから
    展開していくので読みやすいし、登場人物が少なくキャラクターがしっかりしていて良い。
    シリーズはかなり前に読んで記憶も不確かだけれど続けて読まなくても問題なし

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月05日

    犯人はあっと驚く人物ではない。展開もイマイチ。
    他のシリーズの主人公が出てくるのはご愛嬌で楽しませてくれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月11日

    他シリーズも読んでいる読者にとっては、チョイチョイ出てくるサブキャラがたまらなく嬉しい。今作は登場人物が少なかったので犯人探しより動機探しがポイントだったか。いつかオールスター出演作を読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月20日


    追跡捜査係シリーズ。15年前の事件、10 年前の事件の犯人は同一犯?
    垂れ込んだのは誰か?が事件解決へ繋がる。
    人の裏に隠れている本性が恐い。
    2人の刑事の個性のぶつかり合いも面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月27日

    2月-17。3.0点。
    追跡捜査課シリーズ。15年前の通り魔事件について、情報提供の電話が沖田に入るが、すっぽかされる。
    情報提供者と思われる男が、その後殺害され。。

    大友鉄が活躍している模様。安心した。
    結末が少し尻切れトンボ的な感じがした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月08日

    刑事もの。ひとつの事件ではなく、過去の事件と現在の事件が交差するので、事件の関係とか、登場人物で若干頭がこんがらがってしまった。でもぐいぐいと読み進めることができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月28日

    追跡捜査係シリーズ第9弾。
    今作は沖田が15年前に上野駅で起きた通り魔事件の犯人を知っていると言う情報提供者と会う約束をするが、すっぽかされるところから始まる。
    山岡と言う情報提供者に振り回される沖田だったが、2度目の約束を取り付けたところで、その山岡が殺害される。
    現在進行形の事件には関わらないの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年01月29日

    この社会には普通に生きている人間でも心の中は真っ黒な人間も存在していることを改めて認識させられた作品。

    3件もの通り魔殺人を犯した容疑者を、今回のキーパーソンである山岡が脅して金をとっていた事実。衝撃的だった。

    殺人者も唯一恐れていた人物が普段は普通に生活しているサラリーマンだったという事実。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

警視庁追跡捜査係 のシリーズ作品 1~9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • 交錯 警視庁追跡捜査係
    白昼の新宿で起きた連続殺傷事件―無差別に通行人を切りつける犯人を体当たりで刺し、その行動を阻止した男がいた。だが男は、そのまま現場を立ち去り、そして月日が流れた。未解決事件を追う警視庁追跡捜査係の沖田大輝は、犯人を刺した男の僅かな手がかりを探し求めていた。一方、同係の西川大和は、都内で起きた貴金属店強盗を追って、盗品の行方を探っていた。二人の刑事の執念の捜査が交錯するとき、そ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 策謀 警視庁追跡捜査係
    五年前、渋谷で殺人を犯し、国際手配されていた船田透が突如帰国するとの情報が、追跡捜査係の西川大和の許に入った。逮捕されるとわかりながら、なぜ船田は帰国するのか? 無事逮捕できたものの、黙秘を続ける船田の態度に西川は不審を抱くのだった――。一方、五年前のビル放火事件の洗い直しを続ける沖田大輝は、犯行の動機に疑問を感じていた。細い手掛かりを求め奔走する沖田。やがて、それぞれの事件...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謀略 警視庁追跡捜査係
    都内の運河沿いで、帰宅途中のOLが強盗に襲われ、殺害される事件が連続して起きた。二つの事件は手口や状況が似通っており、捜査本部も連続殺人としての見方を強めていた。しかし、通り魔の犯行なのか、犯人への手掛かりが少なく、捜査は膠着しはじめる。追跡捜査係の西川と沖田は、捜査本部から嫌厭されながらも、事件に着手。冷静な西川がかつてないほど捜査に執念を見せ、事件の共通点に気付くが…。書き...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 標的の男 警視庁追跡捜査係
    服役中の男の告白――墨田区の不動産業者の強盗殺人事件は、意外なところから容疑者が浮かび上がった。監視中の容疑者・熊井を自らの失態で取り逃がした追跡捜査係の沖田大輝は、負傷した足を抱え、病室での捜査資料の見直しを余儀なくされる。一方、警視庁随一の分析能力を誇る西川大和は、いつもと違う容疑者の聞き込みに戸惑いを感じていた。そして、犯行現場に疑問を感じた沖田は、負傷をおして、捜査を...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 刑事の絆 警視庁追跡捜査係
    捜査一課・追跡捜査係の沖田大輝とかつて強行犯係で同僚だった、刑事総務課・大友鉄が最大の危機に見舞われた。ベンチャー企業が開発した、次世代エネルギー資源を巡る国際規模の策謀に巻き込まれたのである。仲間の身を案じた沖田は、追跡捜査係に協力依頼がないにもかかわらず、同係の西川と共に大友が手がけてきた事件を洗い始める。解決されたはずの事件の闇に名コンビが迫る! 「アナザーフェイス」...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 暗い穴 警視庁追跡捜査係
    猛暑の八月、東京で謎の死体遺棄事件が露見した。連続強盗事件で逮捕された相澤直樹が、「檜原村に死体を埋めた」と突然告白。供述通り遺体は発見されたが、近傍から死亡時期の異なるもう一つの遺体が見つかったのだ。強盗事件の捜査を手伝った縁で現場に駆り出された追跡捜査係の西川は、取り調べを任される。だが、最初の自白以降、相澤は頑なに口を閉ざしてしまう。同係の沖田も旅先から急遽呼び戻され...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 報い 警視庁追跡捜査係
    警察に届けられた一冊の日記。そこに記された内容から、二年前に起きた強盗致死事件の容疑者として、辰見という男が浮上する。未解決事件を追う追跡捜査係の沖田は宇都宮に急行するも、到着直後、辰見は重傷を負った姿で発見され、死亡してしまう。容疑者特定の矢先の出来事に、沖田と栃木県警は当惑を隠せない。一方、同係の西川は別の事件の資料を読み返し、頭を悩ませていて……。不可解な事態に翻弄され...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 脅迫者 警視庁追跡捜査係
    新人刑事時代のある捜査に違和感を抱いていた追跡捜査係の沖田は、二十年ぶりの再捜査を決意。自殺と処理された案件は、実は殺人だったのではないか――内部による事件の隠蔽を疑う沖田を、同係の西川はあり得ないと突っぱねるが、当時事件に携わった刑事たちへの事情聴取により、疑惑はさらに高まる。そんな折、沖田は何者かに尾行されていることに気づくが……。シリーズ史上最も厄介な敵を相手に、熱き男た...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 垂れ込み 警視庁追跡捜査係
    「十五年前の通り魔殺人事件の犯人を知っている。直接会って話したい」。未解決事件を扱う追跡捜査係に、山岡と名乗る男から垂れ込みが入った。たまたまその電話を受けた沖田は待ち合わせ場所に向かうが、男は現れなかった。山岡との接触をしつこく試みる沖田をよそに、追っても無駄だと、十年前の別の事件の資料を掘り返す同係の西川。果たして、事態は予想外の方向へ転がっていく。情報提供者の男と絡み...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています