あした天気にしておくれ

あした天気にしておくれ

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

なぜか江戸川乱歩賞を落選した、競馬界を舞台にしたミステリの最高傑作。北海道で3億2千万円のサラブレッド「セシア」が盗まれた。脅迫状が届き、「我々はセシアを誘拐した」で始まる文面は、身代金として2億円を要求してきていた。衆人環視のなかで、思いもかけぬ見事な方法で大金が奪われる。犯人たちの「裏の意図」とは。そして、「裏の裏」の出来事が! 『焦茶色のパステル』の前年に江戸川乱歩賞に応募、刊行はデビューの翌年1983年に刊行となった。(講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
374ページ
電子版発売日
2013年02月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

あした天気にしておくれ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年04月24日

    「焦茶色のパステル」に勝るとも劣らない傑作。別の作品にあるのかもしれないが、オッズの仕組みを利用した身代金の受け取りなどは本当に鮮やかで、何か爽快な気分になった。終わり方が少し気に入らないが、そんなことは些末に思える素晴らしい快作。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月02日

    輸送中の事故で足を折ってしまった競走馬。隠ぺいのための狂言誘拐を仕組むのですが、途中からこの計画に乗っかり、身代金奪取を目論む人物が現れて……競馬に詳しい方なら馬券の発売方法など古さを感じるかもしれませんが、とても面白い、よくできたトリック、物語だと思います。二度読んでも面白いです。完全犯罪成立かと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月07日

    乱歩賞受賞昨の“焦茶色のパステル”がめちゃくちゃ面白く
    その前昨である本作を無性に読みたかった所
    偶然、古本屋の100円均一コーナーにあり
    これぞ“運命”と小躍りした上での
    購入&一気読みとなりました。

    いやぁ~受賞作より本作のほうが
    断然面白い!


    読む前からいろいろな所で
    落選理由(トリック...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月17日

    岡嶋二人を初めて読みました。
    競馬をネタにするというのも珍しいし、馬が誘拐されるという斬新な設定にもワクワク。
    犯人視点の倒叙ミステリで、行方不明の馬をめぐるスリリングな展開に目が離せない。
    競馬のしくみをうまく使った仕掛けにはびっくりでした。こんなトリックがあるのか!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    ケータイないんけ?と思ったら案の定おれが生まれる前の話だった。
    サラブレッド「セシア」を巡っての馬主その他の思惑が入り乱れる推理小説。
    身代金の受け渡しトリックなんかはだいぶ裏をかかれた感じ。「ははぁ、読めた」と思ってもそこで終わりじゃないひっくり返し具合で、とにかくおもろかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    岡嶋二人の事実上の処女作。といわれる作品なのですが、全てにおいて新人っ気などまったく感じさせません。冒頭から一気に引き込まれます。そして、内容が実に凝ってます。バリサイコ―デス。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月09日

    身代金奪取の鮮やかさと、先の読めないスリリングな展開でぐいぐい読ませるが、最後にほんの少しだけ息切れしてしまったかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月23日

    倒叙形式で描かれていた物語が途中から一転してフーダニットの展開へとシフトしていく手際の良さが見事です。現在では実現不可能と言われるメイントリックも、競馬の知識が無い者にとっては鮮やかで感心させられました。競馬三部作のトリを飾る作品でありながら、実際はデビュー作よりも前に書かれていたことや、その完成度...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月15日

    馬を骨折させた失態を隠す為に馬の狂言誘拐を企てるのですが、そのことを強請ろうとする邪魔者が入ります。脅迫するスリルと邪魔者の正体を探るフーダニットの両方が楽しめる構成は独創的で素晴らしいです。
    盲点を突いた身代金受け渡しトリックも面白いですが、真相を隠すために注ぎ込まれたミスディレクションがまた良く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月05日

    誘拐されたのサラブレット!身代金の受け渡し方法が秀逸なミステリです。犯人は、厳重警戒の中、どのように2億円を奪取するのでしょう。現在では、このトリック自体無理があるのですが、それを割引いても傑作です。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています