熱い砂 パリ~ダカール11000キロ

熱い砂 パリ~ダカール11000キロ

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

花の都パリからアフリカ大陸最西端のダカールまで、11000キロに及ぶ世界一過酷といわれるクルマの大レース。その間に展開する参加者たちの闘い、行く先々の現地人たちの生活、美しくも厳しい大自然の姿など、プレスマンとして参加した作家の目を通してつぶさに描いた、清新なパリダカ体験記。二人の写真も掲載されている。実は岡嶋解散の直前に旅立っていて、後から読むと興味深い。1991年刊行。(講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2013年02月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
16MB

熱い砂 パリ~ダカール11000キロ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年08月19日

    砂漠に行ってみたくなりました。

    旧植民地領に対するヨーロッパ人の図々しさは、この本を読むまでもないけれど、やっぱり考えさせられるものはあります。
    読んで、感じることから始まるよね、と自分を納得させるしかありませんでしたが…

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年04月21日

    パリダカの取材記。

    だが、殆どパリダカの内容ではなく、砂漠やその周辺に住む各国の人の話。でもアフリカの事はまったく知らないので、それはそれで楽しめる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています