クリスマス・イヴ

クリスマス・イヴ

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ある意味で岡嶋「らしさ」とは真逆の、雪山の別荘で起きた真冬の究極ホラー。山深い別荘でのクリスマス・パーティーに向かった敦子と喬二。夜になって到着したその別荘はまっ暗で、荒らされた室内には友人の血まみれの死体が……。移動するすべを奪われた二人の前に、雪に閉ざされ孤立した別荘地でイヴの夜に起こった恐ろしき惨劇。凶悪で強靱な殺人鬼から果たして逃れることはできるのか!?恐怖と緊迫の傑作長篇サスペンス。1989年刊行。(講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2013年02月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

クリスマス・イヴ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    クリスマス・イヴの日に、恋人未満のカップルが
    山奥にある友人の別荘で友人夫婦と婚約したカップルと6人で
    楽しい一夜を過ごすべく、車を走らせる。
    予定より随分遅れて到着した二人を迎えたのは真っ暗な別荘。
    またいつものようにからかっているんだと思いつつ別荘に入ると
    そこには友人の血まみれの死体が・・・
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    本当に殺人鬼に追いかけられてるような恐ろしさで ページをめくる手が止められなかった。
    後日 「岡嶋二人盛衰記 」で『ただ殺人鬼から逃げ回ってるだけの駄作』みたいに 書かれていて軽くショックでした。

    確かに 推理小説作家としては不本意かもしれませんが 迫力ある「筆力」は ピカイチだと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月15日

    面白かった( ´ ▽ ` )ノ
    クリスマスに別荘地で、ドンドン人が死んで…ジェイソン?本当に面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月27日

    面白い! もう一気読みだッ!

    敦子は喬二に騙され、クリスマスを彼の友人(といっても夫婦一組と恋人一組)と、雪深い山荘で過ごすことになった。「イタズラ好き」と忠告を受け、心して別荘内へ入ったが、何かがおかしい。これがすべての始まりだった。
    転がる死体は喬二の友人のもの。そして犯人の襲撃。陸の孤島と化...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月23日

    調子にのってもう一冊。
    ただただサスペンス。
    他の要素は、ちょっと恋愛みたいな感じ。
    殺人鬼に追われる雪山って、全く珍しく無いけど(笑)私は楽しみました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月18日

    岡嶋二人のクリスマス・イヴを読みました。古本屋で見かけて、岡嶋二人の未読の小説だったので読んでみました。14年前の小説で、山奥の山荘でクリスマス・イヴをすごそうとした恋人たちが殺人鬼に襲われるというサイコ・スリラーでした。14年前は携帯電話がないので、山奥の山荘で電話線が切られてしまうと連絡手段が無...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月01日

    綾辻行人氏の「殺人鬼」程度のグロ耐性、恐怖耐性が無ければ、手を出さないのが賢明。
    私はもう読まない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月01日

    友人以上彼氏未満の男性と、クリスマス・イヴの
    パーティーをする別荘へ行ってみれば…。

    ある意味密室。
    ある意味最高の状態。
    とは思いますが…実際に落ちいってみたらどうなんでしょう?
    パニックどころじゃないですね。

    遭遇した人達が一番驚くでしょうが、この先どうなるのかと
    読み続けるこちらもどきどき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    ノンストップ・サスペンス。
    カップルを襲う殺人鬼。『13日の金曜日』のように
    ただただ追いまわされて、襲われまくります。
    本当にそれだけです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    廊下の本棚にあったカバーのかかった文庫本を手に取ったらこれでした。ホラー?じぇいそん?トリックも何もないミステリー?というものをはじめて読んだ。こういう分かり易いドキハラ感を求めて本を読んでる訳ではないので、多分最初で最後でしょう‥。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています