花宵道中 1
  • 完結

花宵道中 1

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

江戸時代後期、幕府唯一公認の遊廓だった吉原。
小見世・山田屋の遊女・朝霧は、美形の職人・半次郎と出会い、生まれて初めて恋をする。
しかし、ふたりの再会は、遊女と客としてだった――
女性らしく鮮やかな官能描写が話題を集めた同名小説を、斉木久美子が瑞々しいタッチで完全ビジュアル化。
遊女たちの切なくも華麗な恋物語が幕を開ける!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
女性セブン
電子版発売日
2012年10月19日
サイズ(目安)
45MB

花宵道中 1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    吉原らしい

    ぬぅ〜 2021年06月07日

    この時代独特の花魁さんの話が好きで購入。
    手が届きそうで届かないもどかしさと切なさが感じられました。
    ヒロインがその都度変わるようなので、いろんな話を楽しめそうです。

    このレビューは参考になりましたか?

    面白い

    はるまき 2018年04月09日

    続刊が読みたくなります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月04日

    1巻読んで一気に全巻読破。
    切ないです。知らなかったけど小説が原作なのね。話がしっかりできていていいです。こういう時系列がごちゃっとしてる話は個人的にとても好きです
    時代背景も説得力があるし、好きな絵柄だし、カバーデザインも素敵です。おすすめ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月04日

    本屋さんのオススメコーナーにあった本。
    美しい表紙に惹かれて即買い!!
    1巻読み終えた後に一気に5巻まで買いました。

    花魁の話なので、エロシーンも有りますが、
    絵柄のお蔭でサラッと読めました。

    話も中々面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月02日

    女性週刊誌に掲載されているけれど、よくある性描写ばっかりの漫画でなく、すごく切ない遊女たちの恋物語。絵もすごくきれいで華やかです。原作も読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月09日

    原作を読んでいて、コミック版をたまたま発見して購入。
    コミカライズって当たり外れが結構あるんですが、これは買って大正解でした!
    絵がかわいい!花魁たちの衣装もかわいい・・・!
    でもかわいいだけじゃなくて、舞台は遊郭、切ないです。
    どうにもならない状況でも、好きな気持ちは止められないんだなって
    思いま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月27日

    女性セブンで連載してるそうですが、絵が今風というか、泥臭くなくてなまぐさい感じがなくて、すっきりしてます。多少、美化しすぎかな。こんなふうに描かれたら、あの苦界に憧れちゃうよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月16日

    遊郭の様子をうかがえて、興味心に浸透して、楽しめた1冊でした。ただ、序盤のうちは、詠みづらさを感じて少し不安に思いました。(コマわりなどわかりにくい、誰にスポットをあてたいのかよくわからず落ち着かない。→個人に集中してスポットがあたるようになってから一気に話に入りこめたので安心しました)全体的にも顔...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月23日

    江戸時代後期、幕府唯一公認の遊廓だった吉原。遊女の朝霧は、美形の職人である半次郎と出会い、生まれて初めて恋をする。しかし、ふたりの再会は、遊女と客としてだった。そして、朝霧と半次郎は、悲劇の舞台へと落ちていく。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月08日

    「さくらん」然り、花魁ものは女が好きな題材。華やかな衣装に包まれて、花街で人気を競い合う成り上がり物語がどうにも好きです。
    八津と三津の顔の描き分けが出来ておらず、「誰?」と毎回なってしまうのが玉に瑕ですが、絵の感じも全体的に好き。

    このレビューは参考になりましたか?

花宵道中 のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 花宵道中 1
    完結
    440円(税込)
    江戸時代後期、幕府唯一公認の遊廓だった吉原。 小見世・山田屋の遊女・朝霧は、美形の職人・半次郎と出会い、生まれて初めて恋をする。 しかし、ふたりの再会は、遊女と客としてだった―― 女性らしく鮮やかな官能描写が話題を集めた同名小説を、斉木久美子が瑞々しいタッチで完全ビジュアル化。 遊女たちの切なくも華麗な恋物語が幕を開ける!
  • 花宵道中 2
    完結
    440円(税込)
    江戸時代後期、幕府唯一公認の遊廓だった吉原。 山田屋の新造・茜は、美形の船頭・平左に片想い中。 しかし、彼は大見世・角海老楼の看板遊女・水蓮の恋人だった。 時代は死んだ朝霧の姉女郎・霧里が京都島原で活躍していたころに遡る。 吉原に追放されることになった霧里と弟は深い絆で結ばれているが ふたりには暗い過去があった―― 遊女たちの悲恋を描いた官能純愛絵巻第2弾!
  • 花宵道中 3
    完結
    440円(税込)
    江戸吉原を舞台に遊女たちの悲恋を描いた官能純愛絵巻 「いつか江戸に会いに行ったるからな。待っててな」 「あてにせんと待っとるわ」 京都島原の売れっ子遊女だった霧里は 「他の遊女の客を盗った」という罪で江戸吉原に追放され、 最愛の弟・東雲と離ればなれになる。 小見世の山田屋へ売られた霧里は 朝霧という地味な禿(かむろ=住み込みで働く幼女)の面倒を見ることに。 筋のいい朝霧はさまざまな芸事を身につけていった。 しかし、朝霧が初見世(はじめて客をとり一人前の遊女になること) を迎えるまで自分が守ろうと決めた霧里を待っていたのは 思いもしない悲劇だった―― 遊女たちの恋と運命が絡まり合う 官能純愛絵巻第三弾!
  • 花宵道中 4
    完結
    440円(税込)
    吉原を舞台に遊女たちの悲恋を描いた官能純愛絵巻! 「これが廓の女の末路か…・うちに幸せなときなどあったやろか」 親友の菊由の看病をして自らも病に冒された霧里は、絶望しつつも気丈に、東雲との再会を待ち続ける。 時を経て、朝霧の妹女郎・八津は成長し、妹分の三津や茜を従えている。 遊女が恋なんかしても仕方ないと割り切る八津だったが、美形の髪結・三弥吉が現れて心が揺れ――!? もどかしくせつない恋が加速する官能純愛絵巻第四弾!
  • 花宵道中 5
    完結
    440円(税込)
    大人気官能純愛絵巻、ついに完結! 遊女が恋したって堕ちて行くだけ―― 自らに恋を禁じている八津は髪結の三弥吉に惹かれつつも、自分を抱くなら客として来てくれと冷たくつっぱねてしまう。 貧しい南方の村で生まれた緑は抜群に美しい容姿を気味悪がられ、“白鬼”と疎まれて育つ。 山田屋へ売られた緑は姉女郎の桂山としか話すことができないが、気さくな三津に恋心を抱き始める。 遊女たちの悲恋の行方は――!? 官能純愛絵巻、ついに完結!
  • 花宵道中 6
    完結
    440円(税込)
    プライドを貫いた霧里や恋に生きた朝霧…。 たくさんの遊女たちの人生が重なり合い、時にもつれ、 また、はかなく結ばれる江戸・吉原の山田屋。 シリーズ最終章「大門切手」は 山田屋の女将・勝野が負った 廓の内で生きていく宿命と 廓の外に思い残してきた、 淡い恋心の物語!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

女性セブン の最新刊

無料で読める 女性マンガ

女性マンガ ランキング

花宵道中 に関連する特集・キャンペーン