ハイキュー!! 35

ハイキュー!! 35

作者名 :
通常価格 451円 (税込)
紙の本 [参考] 475円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

まさかの“お見合い”で第1セットを音駒に奪われ、春高3戦目は波乱の展開!! 守備で粘る音駒、攻撃で粘る烏野、苦しいラリーを耐え抜いて烏野がリードするが、孤爪の計略で徐々に日向の動きが封じられ…!?

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
週刊少年ジャンプ
ページ数
199ページ
電子版発売日
2018年12月04日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

「おれにトス、持って来い!!!」「とべ ボールは俺が持って行く!」
主人公のウイングスパイカー・日向と、かつて敵だったセッター・影山がチームメイトになり、古豪が再び飛翔する!
前作『詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。』の時はどちらかというと「邪道」な作風でしたが、今回はジャンプならではの、仲間と切磋琢磨していく「王道」スポ根です。その王道の潔さと躍動感のある絵がハマって、読んでいて超気持ちいい!日向と一緒に跳んだ気分になれる、最高点のアングルからの「頂の景色」は、一見の価値アリです。
また、チームメイトのドラマも熱く、一度挫折したウイングスパイカー・東峰と、リベロ・西谷の試合シーン(3巻)は思わず震えました。トスを上げ、スパイクを打つ刹那のモノローグも、古舘先生独特の言い回しにゾクッとさせられます。
ボールが火の玉になるとか、殺人スパイクで相手選手をコートの外に跳ね飛ばすとか、そういうトンデモ超人技は一切無し。その代わり、心が火の玉みたいに熱くなる、久々に「キた」と感じたスポーツマンガです。
アニメ化をはじめ、舞台やゲームなど、今後も幅広い展開が期待できそう。(書店員・鮭)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月04日

じりじりと長いラリーが続く緊迫の音駒戦。
研磨の怖さも思い知った。
そしてこの巻のラスト、スパイカーに道を開く影山と籠を突き破って羽ばたく日向。感動して涙が出た。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

宿命

ロブゴブボブリン 2019年01月27日

またもやスポーツ漫画の宿命、1試合長過ぎて全然終わらないやつ…

面白いんだけど、気付けばもう35巻だぞ。
もう少しテンポアップを期待。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月10日

日向(太陽)と影山(太陽の陰)と言う対比の名前だったろうけど、太陽があってこその影、と言う事をこれほど思い知らされた巻はない。太陽と月と言う意味では「月島」が居るが、日向の対比としての研磨は「闇」と言う存在であり、本人もRPGの魔王側の裏側近辺りのポジションが一番カッコいいと思ってるんだろうな(笑)

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

飛べーって叫びたくなる

としうえ 2018年12月07日

電車の中で感動で震えながら読む。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月05日

今世界一面白い漫画だと思っている。面白いの密度がすごい。すっごいいいところで切ったのも計算だろうなあ。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています