パーカー・パイン登場

パーカー・パイン登場

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「あなたは幸せ? そうでないならパーカー・パイン氏に相談を」。こんな広告をみて夫の浮気に悩む夫人が彼の事務所を訪れるが……。「中年夫人の事件」をはじめ、人生に退屈した軍人の話や、旅先で起こる殺人事件の話など、統計学に優れた心の治療専門医が活躍をみせる短篇十二篇を収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
クリスティー文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

パーカー・パイン登場 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年10月13日

    アガサ・クリスティが生んだキャラクターの中でも、マイナーな存在かもしれないパーカー・パインが主人公の短編集。

    読んで初めて知ったんですが、パーカー・パインさんはいわゆる「探偵」ではないんですね。

    新聞に「あなたは幸せ? でないならパーカー・パイン氏に相談を」という不思議な広告を出し、事務所に訪れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月01日

    【library222所蔵】
    日本語ではたったこれ一作のマイナーなパーカーパインシリーズ。
    「推理」が主ではなく、人の心の機微を描いた「ミステリ」と言えるかもしれない。
    依頼人の希望をかなえるためにたくさんの仕掛けをするパーカーパインはまるであしながおじさんのよう。
    一片一片が洒脱なショートショート...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    人間性を知り尽くしたパーカー・パイン氏が、不幸な依頼人を幸福に導く。依頼人が抱えるトラブルは、家庭の不和・犯罪との関わり・満たされぬ心などさまざま。ミステリもそうでないものもあるが、どれもクリスティらしい、楽しく読める作品たち。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月25日

    1934年発表の短編集。それでも古臭さを感じないのは、さすが「ミステリーの女王」!
    残念ながらパイン氏の活躍はごくわずかですが、他のクリスティの探偵たちと同じくらい深く心に残っています。
    クリスティの描く人物は、型にはまっていると言われますが、この作品はその「型」を上手く利用していると思います。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    さすがアガサ・クリスティーの一言に尽きると思います。こういう雰囲気が好きだからかなぁ・・・?一遍一遍が読み終わったあとに「あぁ〜!」みたいな・・・!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    クリスティーの作ったキャラクターの中でも特に好きなパーカー・パイン氏の短編集。でも殺人は起こりません。さまざまな人間模様が面白い。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白いね

    A 2021年12月10日

    パーカー・パインさん、いいキャラですね。
    探偵ではないけれど
    鮮やかなお手並みです。
    幸せと不幸せについて、
    思わず自らを省みてしまいます。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    万華鏡の推理

    まいあ 2015年09月09日

    ロンドン、ジュネーブ、国際列車のコンパートメント、魅惑的な中東の世界で繰り広げられる万華鏡のようなミステリー、
    ひとつひとつ無理に謎解きをする必要はなく、のんびりと身をまかせて行く事をお薦めします。
    鮮やかな推理が心地よい驚きをもたらしてくれました。
    底に流れるのは「あたたかな心」と鋭い人間観察。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月31日

    探偵ではなく心の専門医というパーカー・パイン。優れた分類能力で人々の悩みを解決。
    全部で12編の短編集。オフィスで引き受けた6話と休暇中の旅先で関わることになった6話。
    ポアロでも登場するミス・レモンとオリヴァ夫人も登場していてびっくり。
    たまに失敗もあったりしてそこも面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月27日

    短編集で12の作品が収められています。
    前半6編は「あなたは幸せ? でないならパーカーパイン氏に相談を」
    という新聞広告を見て訪ねてきた人の依頼を受けるという形で、解説にも
    あるように身の上相談の趣のある物語。
    後半は旅先で起こる事件を解決するもので、前半よりミステリー色が強い
    です。
    短編集という...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

クリスティー文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

作者のこれもおすすめ