「乾信一郎」おすすめ作品一覧

「乾信一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/11/05更新

ユーザーレビュー

  • アガサ・クリスティー自伝(上)
     クリスティーが最初のポアロ物を書き上げていく件が生々しい。
     「アクロイド殺し」を構想した経緯など、世界のクリスティー愛読者に勧めたい。

    【読書メモ】
     ・ ニムルドは、古代アッシリア帝国の軍事都市であった古代の都カラの現代名である。わたしたちの発掘隊宿舎は泥煉瓦でできていた。宿舎は小丘の東側斜...続きを読む
  • アガサ・クリスティー自伝(下)
    幼少時の(やけに鮮明な)思い出から、
    死を受け入れる覚悟が出来ていると語るまで、
    読んではいけないものを読んでいるような、
    息の詰まるような濃度。

    【読書メモ】
     ・ 問題は、作家が会話で物事を言葉にするということがひどく難しいということである。鉛筆を手に持つか、自分のタイプライターの前に座るかす...続きを読む
  • 復讐の女神
    ミス・マープルシリーズの長編11作目。9作目「カリブ海の秘密」の続編にあたる。
    クリスティが最後に執筆したマープルシリーズでもある。

    【あらすじ】
     「カリブ海の秘密」で知り合った大富豪のラフィール氏が死去した。氏の遺言である事件の調査を引き受けることになったマープルだが、漠然とした情報のみが提示...続きを読む
  • 復讐の女神
    これはなかなか。
    最初は読者もミスマープルと同じく、まったく事件の予備知識がないまま旅にだされるので、読んでいてちょっと退屈、というかモヤモヤするんだけど、事件がだんだん見えてくるとそれに連れて加速度が増していきます。

    前作で知り合った金持ちの頑固じーちゃんの遺言に従って動いていくのだけど、あのい...続きを読む
  • 復讐の女神
    ラフィール氏の死亡記事を読んだ数日後にラフィール氏からの依頼がミス・マープルの元へ。事件の内容も何も分からないままにラフィール氏に指定された観光バスツアーに参加するミス・マープル。同じツアーに参加するミス・ベンサムとミス・クックが本名ではないと気がつくミス・マープル。ツアーの参加者エリザベス・テンプ...続きを読む