Pumpkin Scissors(1)
  • 無料

Pumpkin Scissors(1)

作者名 :
値引き価格 0円 (税込) 3月11日まで
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

それは、戦災という名の“もうひとつの戦争”!!帝国陸軍情報部第3課、“復興”を担うモノたち。通称――PumpkinScissors(パンプキン・シザーズ)!!永き戦乱により荒廃しきった帝国各地。停戦後の3年間を奔走(ほんそう)するパンプキン・シザーズだが、なかなか成果は挙がらぬまま……。しかしある日突然現れた、大重量の単発拳銃を片手で操る“巨漢の復員兵”が、この国の《運命》を変えていく――!!!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
月刊少年マガジン
電子版発売日
2012年08月17日
紙の本の発売
2004年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
90MB

新刊オート購入

Pumpkin Scissors(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    見開きの処理が悪い

    ぱんがいあ 2018年09月22日

    とは言え作品の内容は傑作二重丸。
    それだけに残念。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月24日

    戦時ではなく戦後の戦災復興部隊という特殊な部隊のお話。まずこれだけでそそる。そして条約違反な秘密部隊も影を見せる。いいゾ。戦争が終わっても戦争に囚われ続け葛藤する部下と敵。最高だ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月12日

    永い戦争がおわり、停戦から3年
    飢餓 疫病 そして兵隊の野盗化…
    それは“戦災”という名のもう一つの戦争だった

    という言葉で始まる物語。
    舞台はパンプキン・シザーズと呼ばれる戦災復興部隊。
    作戦中に出会った男が後に3課(パンプキン・シザーズ)に配属されることになる主人公。

    主人公の元いた部隊が特...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    何故か脚光を浴びない隠れた名作だと僕は思います。

    支配する側、される側
    強き者と弱き者
    持つものと持たざるもの
    軍人と民間人
    敵と味方

    そういった立場の違う、考えの違う人同士が
    真剣に自分の意思や力をぶつけ合い
    戦後を”生きる”ために必死に力を振り絞って
    戦災という巨大な敵に立ち向かおうとします...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    すげぇ好きな漫画
    ストーリーからキャラクターから全て愛せる
    オーランド伍長が特に好きです
    ってかこの本の9巻で泣いた。。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月29日

    分かりやすい「戦争」よりも「戦後」を扱おうとする岩永先生のチャレンジ精神に拍手!アリス少尉がカッコイイぜー!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月04日

    エンターテイメント作品としての完成度がかなり高いと思える一冊。
    定番化した展開が嫌らしくない、そして何と言ってもキャラが魅力的で好感度大だぜ!ということで星5つです。セリフの一つ一つ、キャラ一人ひとりがすごく動いてる、隅から隅まで目が離せません。一冊にこんなに時間をかけて読む漫画はこれくらいです。巻...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    戦災復興のために作られた部署、帝国陸軍情報部第3課。その実働小隊、パンプキンシザーズの物語。主人公の一人、オーランド伍長(表紙の手前)に、全巻通して釘付けです。伍長と少尉が素敵すぎ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    戦時中の話ではなく、「戦後復興」のお話というところが面白いです。戦争が終わってもすべてが終わるわけではないというのが思い知らされます

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    少年漫画の王道突っ走ってます。ヒロインがまるでオスカル(モロ好み!) 戦時中、ではなく「戦後復興」を描いた作品。まだ黒幕がやっと動き始めてるところで(6巻現在)話はこれからといったところ。純粋に面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

Pumpkin Scissors のシリーズ作品 1~23巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~23件目 / 23件
  • Pumpkin Scissors(1)
    無料
    それは、戦災という名の“もうひとつの戦争”!!帝国陸軍情報部第3課、“復興”を担うモノたち。通称――PumpkinScissors(パンプキン・シザーズ)!!永き戦乱により荒廃しきった帝国各地。停戦後の3年間を奔走(ほんそう)するパンプキン・シザーズだが、なかなか成果は挙がらぬまま……。しかしある日突然現れた、大重量の単発拳銃を片手で操る“巨漢の復員兵”が、この国の《運命》を変えていく――!!!!
  • Pumpkin Scissors(2)
    無料
    立ちはだかる障壁、ことごとく斬り刻まん!!はびこる“人為戦災”を駆逐(くちく)せよ!「901ATT」――それはあらゆる公式文書から存在を抹消された部隊、「不可視の9番」!!晴れてパンプキン・シザーズの隊員となったランデル・オーランド伍長だが、彼こそ「9番」の……すなわち“存在してはならない人間”なのではないか?まだ新しき仲間たちの間で、薄靄(うすもや)のような疑念と恐怖が、静かに揺れ始める…...
  • Pumpkin Scissors(3)
    無料
    絡みし綾(あや)を断て、双剣「Mahne(メーネ)」!!ドラマティックな“戦災復興”を描きだす、超・重量級アクション!!「なんで、こんなにあちこちで銃声が鳴りっぱなしなんだ……」“帝都地下大水道”をステージに繰り広げられる、陸情3課(パンプキン・シザーズ)と民営水道管理局との麻薬密売をめぐるイタチごっこは、新たな――そして深刻な局面を迎えようとしていた!!
  • Pumpkin Scissors(4)
    こいつらが許せないのは――「不公平な世の中」そのものだ。“戦災復興”を描きだす、超・重量級アクション!!――それは冷たき雪の降りしきる日……。食糧配給を求める貧しき平民の《絶望》は、恋とダンスに興じる帝国貴族に凶器を突きつける《激怒》になった!!彼ら平民たちのオモテ向きの大義は、「汚職長官・パウロ侯爵への制裁」。しかしそのウラには……!?貴族たるアリス少尉は、事態を収拾せんと壮絶な挙...
  • Pumpkin Scissors(5)
    そんなキミだからこそ、ここで彼らを許すわけにはいかない!!“戦災復興”を描きだす、超・重量級アクション!!――激怒にかられた貧しき民衆が、貴族たちの舞踏会を襲撃――。自分たちが処刑されることは覚悟のうえで、それでも貴族を殺そうとする憎悪の渦。これでは「死者の出ないはずがない」――。しかし舞踏会場には、“悪に公平”な彼女がいた。気高き貴族にして「陸情3課実動隊長」である、アリス・L・マル...
  • Pumpkin Scissors(6)
    あの男は、いずれ貴様の知らないどこかで――。“戦災復興”を描きだす、超・重量級アクション!! ――秘匿されたはずの「舞踏会事件」。しかし噂は広まり、過激な反政府運動が高まっていた。そして、「赤帽子(レッド・キャップ)」による銀行襲撃事件が発生――。民衆が、昨日までとは違う明日を夢見はじめたその“舞踏会”で、ランデル・オーランドもまた、陸情3課(パンプキン・シザーズ)における役割を見つけ...
  • Pumpkin Scissors(7)
    鉄路の檻に君臨する「国境警備隊」と「装甲列車」! 辺境都市カルッセルで陸情3課(パンプキン・シザーズ)を待ち受ける“戦災”とは!? 心アツくする、超・重量級アクション!! ――陸情2課の暗号文書を発見してしまった3課。「72時間の拘束・監視」を言い渡される! 文面を知らないアリス少尉とオーランド伍長は拘束をまぬがれたが、監視の一環として、2課との合同任務、すなわち“囮(おとり)作戦”を...
  • Pumpkin Scissors(8)
    息絶えるまで踊り続けるしかない輪舞(ロンド)――。重量級ドラマ「カルッセル編」中編! 3年間、同じ所をぐるぐる回るしかなかったんだ……。――平穏なる国境の街・カルッセル。あの戦乱をきっかけに、哀しく激変した街――。停戦後3年が過ぎた現在もなお、国境警備隊の支配は終わらない。環状線を走る装甲列車の轟音。“終わり”を免れるための規則(ルール)。ペンキの剥げた回転木馬(カルッセル)が、ひから...
  • Pumpkin Scissors(9)
    ひとりきりの世界で、絆のはしを掻き抱く――。《資格なき支配者》への反撃に出る陸情3課(パンプキン・シザーズ)。そして、或る男と女の物語が……!? 重量級ドラマ、円環の内を回る街「カルッセル編」完結!! 抑圧支配の象徴、「装甲列車」。街を存続させるための「人身売買」――。それは街ぐるみのトップ・シークレット。諦念の吹き荒れる街のなか、アリスとオーランドのまいた小さな種が、確実に芽吹こ...
  • Pumpkin Scissors(10)
    食え! 働け! 生きろ!! オーランド伍長、帰郷――。しおれない雑草のような“家族”のもとへ! 重量級ドラマ、新シリーズ「0番地区編」開幕!! 東方強国に対抗する運命共同体「西方諸国連盟(ネビュロ)」。その合同会議を控えたある日、オーランド伍長は病院から姿を消した……。彼が向かったのは、“帝国法の及ばぬ魔窟”「0番地区」ではないか? 情報を得たアリス少尉は、《もう一つの目的》を胸に歩...
  • Pumpkin Scissors(11)
    揺るがぬ信念の男・ロンダリオが抱える真摯な怒りは、国家に変革を強いる精緻な計画を生み落とした。法の及ばぬ魔窟『0番地区』における抗争誘発……。だが、事態に巻きこまれた小さな住民たちが計画を阻む! そしてその姿に、求めていた“答え”を見出したアリスもまた……。一方ランデルは、己を搦め捕る想念の淵に沈みつつあった。父との約束を破り、多くの人を――。足掻く幽霊(ゲシュペンスト)が、たどり着...
  • Pumpkin Scissors(12)
    実業家・ロンダリオが引き起こした『0番地区』での抗争騒ぎは、街を牛耳るボス達との秘密取引によって収束しつつあった。ロンダリオがその剛毅を以てなお恐れた『西方諸国連盟(ネビュロ)合同会議』の開催は、もう目前だ。帝国が持つ技術特許の開放をめぐり、『西方諸国連盟合同会議』は紛糾必至! 迫り来る“冷たい戦争”へ向けて、無数の人影が入り乱れ、踊り始めた……!!
  • Pumpkin Scissors(13)
    政治という魔術が甲冑の内をおかす。国家の未来を決する『西方諸国連盟(ネビュロ)合同会議』開幕! 虚飾で鎧われた帝都に、無数の思惑が渦を巻く――『合同会議編』本格始動!! 遂に開幕した合同会議。帝都は今、浮ついた祝祭のただ中にあった。その一隅で、名もなき労働者の死体が発見される。それは、国家的騒動の脇にあっては、特に注視されることもない事件のはずだったが……!?
  • Pumpkin Scissors(14)
    いよいよ『西方諸国連盟(ネビュロ)合同会議』の各会が一斉に始まった。衆目が注がれたのはやはり本会議。最大の焦点である特許問題をめぐり、数十か国の代表団が開放派と維持派とに分かれ、虚々実々の駆け引きを繰り広げるその成り行きは、西方諸国全ての未来に直結していた。そしてそのとき、巨塔の中で国権と国運を熱心に弄ぶ人々ごと、仇敵(帝国)の命脈を刺し貫こうと、地下で蠢いていた蠍(アンチ...
  • Pumpkin Scissors(15)
    帝都、燃ゆ――『抗・帝国軍(アンチ・アレス)』蜂起! 西方諸国の耳目が集まる中、蹂躙されゆく帝都市街……国家存亡の危機に帝国陸軍情報部は!? ――会議場『言語の塔』内部に群がり出た蠍どもは、瞬く間に儀典局の警備部隊を排除して塔を占拠。各国要人を人質とする一方、市街に向けて高々機動戦術装甲車『蠍の類型(グラフィアス)』を解き放った……!! とある特殊な国際交流を描いた問題作「Interval Spec...
  • Pumpkin Scissors(16)
    『抗・帝国軍(アンチ・アレス)』が帝都に放った高機動装甲車に立ち向かい、傷つき倒れたランデル・オーランド。生死の淵を彷徨う彼が見る夢は……? そして遂に、その“被験体”を見下ろすミュゼ・カウプランの口から、『不可視の9番(インヴィジブル・ナイン)』の真実が語られる!!
  • Pumpkin Scissors(17)
    合同会議5日目を迎えた夜半の帝都──。臓腑の澱となった帝国人への宿怨を、最終的な行動へと出ることで遂に解き放つ『抗・帝国軍(アンチ・アレス)』! だが、ただひたすらに殴られ続けながらも、帝国の全てが打ちひしがれたわけではなかった。吹き荒れるテロルの嵐に抗い、顔を上げる者達――重量級ドラマ[合同会議編]緊迫のターニングポイント! ここからだ……ここから劣勢全て、くつがえす!!
  • Pumpkin Scissors(18)
    西方諸国連盟合同会議の期間中に勃発したテロ事変。武装集団『抗・帝国軍(アンチ・アレス)』に蹂躙されるがままの帝都にあって、人々は己の為しうる何事かを求め、もがいていた。陸情3課は、焼け出された避難民の救出・移送に奔走。一定の成果を収めつつあったが、抗・帝国軍の擁する高々機動戦術装甲車『蠍の類型』8輌の襲撃を受け、それぞれに対決を余儀なくされる。絶望的な状況下にありながら、それで...
  • Pumpkin Scissors(19)
    帝都各所で市民の虐殺を続ける抗・帝国軍の高機動装甲車『蠍の類型』8輌に対し、それぞれ対決を余儀なくされた陸情3課。火焔放射兵装を以て1輌を撃破したオーランド伍長だが、その代償に彼の肉体と精神は軋みゆく。同じ頃、アリス少尉は目立つ馬上にある自らを囮とし、避難所に乱入してきた1輌を市民から引き剥がしたものの、手にする武器は双剣メーネのみ。その『帝国の騎士』が、鋼鉄で覆われた敵に抗する...
  • Pumpkin Scissors(20)
    帝都を蹂躙する抗・帝国軍(アンチ・アレス)の高機動装甲車『蠍の類型(グラフィアス)』3輌を撃破した陸情3課。ミュゼ・カウプランの卓絶した医術で一命を取り留めたランデル・オーランド伍長は、だが休むこともなく立ち上がり次の敵を求め彷徨う。その左腕には、奇怪な形の901ATT装備『大百足(センティピード)』が喰らいついていた。一方、残る敵装甲車5輌の覆滅を期し、陸軍情報部の極秘兵装『ジャガーノート』...
  • Pumpkin Scissors(21)
    帝国軍の反撃により装甲戦力が壊滅し、抗・帝国軍は頽勢に転じた。既に目的を達成したことを知るテロリスト達は、自決の道を辿ろうとするが、その胸中に渦巻く実感への渇きは、倦むことを知らずのたうつ。帝国人を殴りつけたい。彼らが泣き喚き、許しを請う様を見たい──。そこに入った帝国軍人からの通信。電信回線で西方諸国中の人々が聞くそのアリス・L・マルヴィン少尉の声は、謝罪ではなく、三つの要求を...
  • Pumpkin Scissors(22)
    電信回線が運ぶアリス少尉とオーランド伍長の声。その途絶は、『言語の塔』への強襲制圧部隊『第1の大剣』による突入を意味していた。もっとも、計画を完遂した充足感のうちに生を終えようとする『抗・帝国軍』にしてみれば、要求に対する帝国の回答が銃弾であろうと構いはしない。刻限の日没が迫るなか、さらなる死と破壊に身を浸しゆく彼ら。その魂魄は陸上戦艦と呼ぶべき巨獣『蠍の王冠』となって、最期...
  • Pumpkin Scissors(23)
    停戦から3年。永きにわたる共和国との戦争は、帝国に深い傷跡を残した。飢餓・疫病・兵隊の野盗化…。それは“戦災”という名の、もう一つの戦争だった。これを憂慮した帝国陸軍は情報部内に第3課を設立し、戦災復興任務に当たらせた。その実、軍部の予算獲得のための方便であり、臣民の不満を抑制する“言い訳”でしかない彼ら。だが、社会を覆う欺瞞のブ厚い皮を切り裂き、内部の腐敗を暴くことを真に実践す...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

Pumpkin Scissors に関連する特集・キャンペーン