「岩永亮太郎」おすすめ作品一覧

「岩永亮太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/08/17更新

ユーザーレビュー

  • Pumpkin Scissors 帝国陸軍情報部第3課 21巻
    「正義はあるんだよ」
    この作品ほど「正義」が何であるかを論じ、物語に盛り込んだ創作を他に知らない。

    「正義」の正体が提示されたかどうかはさておき。
    「正義」の利点、問題点は明確に、かつ真摯に描かれています。泣き出したくなるほど辛く、苦しく。
    アリスが凶悪に善であり、それを強いられ、逃れないのが切な...続きを読む
  • Pumpkin Scissors 帝国陸軍情報部第3課 21巻

    素晴らしい神作品

    ここまで哲学を漫画で描いた作品はない。
    そう確信できる最新刊です。
    なんであそこまでわかりやすく描けるのか、作者の気持ちや葛藤が心に響いて、曖昧に誰かを評価する自分の覚悟のなさを自覚させられました。

    是非、是非1巻から読んでほしい。
  • Pumpkin Scissors 帝国陸軍情報部第3課 21巻

    今回は

    戦闘シーンまったく無いです
    ただしある意味連載からこれまでで1番のクライマックスを迎えていい感じとところで続きは次巻に持ち越し

    実はレビュー書く気無かったけど今回は表紙があまりにも格好いいので☆5です
    電子書籍ばっか買ってたけどこの一冊は久々に本屋でも買おうか
  • Pumpkin Scissors 帝国陸軍情報部第3課 21巻

    理想は叶わぬ代名詞

    多分半分も理解してませんが感覚で一気に読みました。正義と悪、この題材をこんな風に考えてしまう人はどこか視点が神ってるんでしょう。でもそれを覆す伍長の告白に声を出して笑いました。やはり主人公はタイトルの鋏を実際に持つランデルだと思いたい。じゃなきゃアリスちゃんが救われない、そう思いました。
    いっちまえ...続きを読む
  • Pumpkin Scissors 帝国陸軍情報部第3課 21巻
    生まれてこのかた、ここまで凄まじい一冊を読んだことがない。ヒトの社会の不条理さの本質を完璧に暴ききっている。かつてここまで完璧に「正義」を論じ、「差別」を論じたものがあったか。

特集