刑務所なう。 ホリエモンの獄中日記195日

刑務所なう。 ホリエモンの獄中日記195日

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
紙の本 [参考] 1,100円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2011年6月20日、堀江貴文は収監され受刑者となった。以来、誰よりも自由を制限されている状況から、ほぼリアルタイムでメルマガを発信し続けている。手紙にびっしり日記を書いてスタッフに送付するという、アナログかつ型破りなやり方で…。塀の中でもホリエモン節は健在。獄中メシで何キロやせた? 面会にきた面々と何を語ったのか? シャバを見つめた「時事ネタ時評」と読書記録150本も収録した、前代未聞の「リアルタイム刑務所日記」。実録マンガ付き!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
シリーズ
刑務所なう。シリーズ
ページ数
511ページ
電子版発売日
2012年05月18日
紙の本の発売
2012年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

刑務所なう。 ホリエモンの獄中日記195日 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年03月12日

    ホリエモンの刑務所生活を知りたくて読書。

    軽いノリで読み始めも、予想以上に面白く一氣に読破。多くの人が経験したことがない刑務所生活がよく分かる。なにより日々朝昼晩つぶさに記録されている食事についてが笑える。献立を見て残しているのか、毎食時に書き込んでいるのか分からないが、著者の食事についての執念と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月12日

    どこでもポジティブに、アクティブに生きていける彼はさすがです。
    優しさや人間味も溢れていました。
    毎回の食事も参考になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月05日

    実刑が確定した堀江貴文氏がモヒカン姿で人々にもみくちゃにされながら出頭し、収監されてからもメルマガやツイッターで獄中の様子を発信しつづけた、前代未聞の「リアルタイム刑務所日記」その第1弾です。

    僕自身も動画で確認した2011年6月20日。自らの頭をモヒカン刈りにして人々に囲まれてもみくちゃになりな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月13日

    有料のメールマガジンで配信されている内容は時事ネタオピニオン・起業記・ビジネスモデル教えちゃいます塾・近況報告・Q&Aコーナー・書評コーナーなど幅広いが、この本では刑務所での近況報告・書評など限られた内容である。本ではマンガで刑務所の様子を描いている。

    一言でいえば、ホリエモンはよく活動するなあ…...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月05日

    分厚かったので、読もうか躊躇いましたけど、
    読んでみたら、あっさり読めてページがサクサク進みます。

    刑務所生活は、思ってたより快適な面もあれば、
    厳しい面も知ることができました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月01日

    刑務所の中の日常がとってわかるのが面白い。ただ、それ以上にニュースや時事に対する堀江さんの意見が面白い!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月05日

    ホリエモンの現在進行形の刑務所体験記。とりあえず、西アズナブルさんの漫画がイイね!と、あとは刑務所の暮らしが詳しく書かれててイイね!といった感じです。
    食事の紹介、情報に対しての貪欲さが刑務所の中でも顕在なとこにも注目!
    衝撃の一冊でした!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月12日

    堀江氏が実刑判決を受け、収監される様子から、刑務所内での生活ぶりまで、日記形式で綴られた本。
    言うまでもなく“リアル”な本で、とても面白かった。刑務所暮らしの心情なんかは、やはり体験した人しかわからないので、「なるほど。そういうものなのか」と思いながら読んだ。
    他にも、担当編集者が面会での様子を書い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月24日

    堀江さんの獄中記で2011年6月20日から2011年末までの記録。
    手紙を介して発信し続けた獄中生活の前半。11年末の部分で、来年の大晦日もまたこのまま、という部分は、ある意味切ない。
    とはいえ、本日時点では、娑婆に戻られて、メディアにも登場されてますけど。
    半年ぐらいで既に20kg以上減量されてま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月25日

    なんだか、いろいろ勉強になりました。
    刑務所の暮らしは実はどうでもいいのだけど、そういう状況で人はどうなるのかが非常に興味深いですね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

刑務所なう。 ホリエモンの獄中日記195日 に関連する特集・キャンペーン

刑務所なう。 ホリエモンの獄中日記195日 に関連する記事