蜘蛛の巣

蜘蛛の巣

作者名 :
通常価格 514円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ある朝書斎で死体を見つけたら――そんなクラリサの空想は現実となった。平穏に暮らしていた彼女だが、ある日、夫の前妻と結婚した男の死体を客間で見つけたのだ。そこに通報もしてないのに警察が現われて、あわてて隠した死体が消失し……複雑怪奇な事件の顛末は? 傑作クライム・コメディ。

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
クリスティー文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2012年05月11日
コンテンツ形式
XMDF

関連タグ:

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年08月14日

戯曲は、自分で演じるか、演劇の裏方として関与しているときでないと、ピンと来ないことが多い。

アガサクリスティの作品も、映画などで見た作品は、戯曲を読んでも理解できるし、映像を思い浮かべることができる。
でも、映画も舞台も見たことがない作品では、自分たちでやろうと思わない限り、つまらない。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月25日

内容(「BOOK」データベースより)
ある朝書斎で死体を見つけたら―平穏に暮らしてきたクラリサの空想は現実になった。彼女は夫の前妻と結婚した男の死体を客間で見つけたのだ。そこに通報もしてないのに警察が現われ、あわてて隠した死体が焼失し…複雑怪奇な事件の顛末は?「ねずみとり」に次ぐ長期公演を記録した傑...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月14日

ねずみとりより面白い
展開はいきなりすぎるけれど、
エルジンは結局なんだったのだろうか…
絡みが余りなかったなぁー

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2006年11月22日

シナリオ形式を初めて最後まで読めた。全然苦じゃない!最後までのスリリングな展開と舞台設定が変化するたびに創造も膨らむあたりで飽きなかったのかも。一気に読んだ

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています