育児と仕事を何とか両立してきた、ワーキングマザーの陽子。息子の小学校入学で少しはラクになるかと思いきや、PTA・学童父母会・地域子供会などに悲鳴を上げる、想像以上に大変な日々が幕を開けた……。●入学早々、初の保護者会はPTA役員決めの修羅場に。空気を読めない陽子は、早速、敵を作ってしまう。「女は女の敵である」●仕事と子育ての両立に不可欠な、義母のサポート。“孫のためなら”の影に押しやられた本音は不満だらけ!?「義母義家族は敵である」など、笑いあり、涙あり、前代未聞の痛快ノンストップ・エンターテインメント!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
386ページ
電子版発売日
2012年04月13日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

七人の敵がいる

Posted by ブクログ 2014年11月01日

かなり面白かった。

こんな人いるわー
こーゆーことあるわー

っと思いながら読みましたw
あっというまに読み終わりました。

主人公の陽子が男っぽくてはっきりした性格で。
読者の気持ちもスカっとさせてくれるようなお話です!

このレビューは参考になりましたか?

七人の敵がいる

Posted by ブクログ 2014年10月04日

いるいる こんな人
いるいる そんな奴
いるいる そこまで言う輩
あるある こんな状況
あるある そんな反応
あるある そのやりとり

ほぼ 全てが 身に覚え有り
の話が満載

読み返した後 
表紙のノグチユミコさんが描いた
登場人物たちを
もう一度じっくり見て
思わず にんまり してしまいました

このレビューは参考になりましたか?

七人の敵がいる

Posted by ブクログ 2014年08月23日

小学校入学。
幼児時代という子育ての一つのステージが終わり、やれやれ一安心…と思ったら大間違い。
働く母の闘いはここから始まる。

役員をめぐる女の心理戦。
嫁姑。そして小姑。
役に立たないどころかトラブルを持ってくる夫。
ご近所づきあい。自治会、子ども会。
学童保育。スポ少。
問題教師。

働く女...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

七人の敵がいる

Posted by ブクログ 2014年05月25日

デキる女だけど自己中心的でもある陽子が周りの人々の様々な事情を知る事で少しずつ柔らかく成長していく。
大人になってからも人間は成長出来るのかな、なんて思った。

このレビューは参考になりましたか?

七人の敵がいる

Posted by 読むコレ 2013年03月30日

以前から好きな作家さんなので買ってみました。内容も知らずに。

読み始めて、働くお母さんの話か正直あんまり興味ないなと思ってたら、さすがは加納さん。途中から、じわじわと面白くなっていきます。

主人公の策士っぷりは加納さんならではの面白さですね。ついでにお母さんの大変さもわかる作品でためにも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

七人の敵がいる

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年07月20日

目次
・女は女の敵である
・義母義家族は敵である
・男もたいがい、敵である
・当然夫も敵である
・我が子だろうが敵になる
・先生が敵である
・会長さまは敵である
・エピローグ

章立てにはなっているけれど、実質は連作短編と言っていいでしょう。

さくさく読める…と思ったけれど、実は結構止まり止まり読...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

七人の敵がいる

Posted by ブクログ 2018年06月17日

編集者としてバリバリ仕事をこなす山田陽子。一人息子の陽介が小学校に入学し、少しは手が離れて楽になるかと思ったらーとんでもない!PTA、学童保育所父母会、自治会役員…次々と降りかかる「お勤め」に振り回される毎日が始まった。小学生の親になるって、こんなに大変だったの!?笑って泣けて、元気が湧いてくる。ワ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

七人の敵がいる

Posted by ブクログ 2018年05月26日

一言で言うと痛快!

多分、子供を持つ母親が言いたいけど言えない事を言ってくれる山田陽子。

賛否両論あるだろうけど、女性として気持ちいい生き方だなと思った。

加納作品、他も読んでみたくなった。

このレビューは参考になりましたか?

七人の敵がいる

Posted by ブクログ 2017年09月06日

ママ友から義母・義姉妹、夫までは、陽子の無鉄砲ぶりにハラハラし、でも「そうだよな~」という働く者としての共感もあった。ここまでは現実を少しだけ誇張した内容だったと思う。しかし、我が子からの物語りは急展開を見せる。陽子と陽平にそんな過去があったなんて……先生と対決するくだりは、まさに痛快エンターテイメ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

七人の敵がいる

Posted by ブクログ 2017年06月22日

ばりばりのキャリアウーマンの陽子が一人息子の小学校入学と同時にPTAをはじめとする様々な困難に巻き込まれていく。これに戸惑いつつも果敢に立ち向かう痛快ストーリー。陽子のキャラクターが良い。男勝りのブルドーザー(通った後にはぺんぺん草も生えない!)、頭が良くて仕事ができる。しかし、女性の集団の空気を読...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?