ポケットにライ麦を

ポケットにライ麦を

作者名 :
通常価格 733円 (667円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

投資信託会社社長の毒殺事件を皮切りにフォテスキュー家で起こった三つの殺人事件。その中に、ミス・マープルが仕込んだ若いメイドが、洗濯バサミで鼻を挟まれた絞殺死体で発見された事件があった。義憤に駆られたマープルが、犯人に鉄槌を下す! マザー・グースに材を取った中期の傑作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
クリスティー文庫
ページ数
400ページ
電子版発売日
2012年02月17日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

ポケットにライ麦を のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月17日

    ポアロよりもマープルの方が人間味が強い印象をこの作品で持った。愚かで悲しいお話。
    最後までアイリーンに期待してたんだけど回収がなかったから少し残念。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月13日

     ミス・マープルシリーズ。
     火曜日クラブのように、登場人物が事件の話をして、それを聞いて推理する、て展開でなく、実際に起こった事件にマープルさんが乗り出す形。

     キャラの細部まで作り込まれていて、最後にいろいろ分かったときには、ホント、おぉ…! てなった。

     あと、もしかしたら誤植かもしれない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月15日

    ミスマープルシリーズなのになかなかマープル登場せず心配しましたが、それまでに事件がたっぷり描かれています。最後まで真犯人が分かりづらく、久々にアガサの本格ミステリー読んだなと感動させてもらいました。ただテレビシリーズにて見た記憶が途中から出てきて、映像を想像しながら読み進み楽しめました。・・・が、犯...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月27日

    マザー・グースの歌に似せて連続殺人が行われる。
    被害者は大会社の社長、その妻、メイド=ポケットにライムギを詰めた王様、紅茶を飲んでいた女王、洗濯を干していた侍女。
    容疑者は家族もしくは雇い人。

    ミス・マープルが殺されたメイドの敵をとるため、犯人探しをする。
    マープル物の中では話の盛り上がりがあって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月15日

    ミス・マープルのところで働いていたことがある女中が殺された!?
    童謡を模した不気味な連続殺人。
    虫も殺さぬように見える優しげなか細い老婦人ミス・マープルは実は名探偵。
    鋭い推理で犯人を突き止めます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月26日

    最近読んだ本の感想を書き忘れている…。2週間前とかだと思うのだけど、それだけで思い出すのに力がいる。
    アガサクリスティはミスマープルよりポアロの方が好きかも。見立て殺人もの。サクサク進んだ感がある。あっさりとしている。まったく自分のせいだと思うのだけど、推理と論理の記憶がいまいちすんなりつながらない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月28日

    ミス・マープル物の第6弾。ミス・マープルのベストに挙げる人も多いので気になっていた作品。いつもは俯瞰して事件の推理を組み立てるマープルが、今回は怒りに燃えている。マザーグースになぞらえて起きた3件の連続殺人で、マープルの仕込んだメイドが殺されるからだ。複雑に絡み合う登場人物の思惑が事件をかき回すが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月14日

    ミス・マープルシリーズの長編第6作目。
    「ライ麦」は本編にもタイトル通り登場するが、もう少しトリックに絡んだ方が良かったかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月23日

    色褪せない作品だな、と思う。

    ミスマープルが自分の育てたメイドが殺されたと知って事件解決に乗り出す。
    出てくる刑事さんが優秀で、事件を整理しつつ進めてくれるから読むのも楽。ミスリードに導くのも彼だけどね。


    事件の最後に殺されたメイドから手紙が届いていて、マープルでなくても涙がでるよな、って思う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月29日

    マープル第六作”A Pocket Full of Rye”
    毒殺された実業家のポケットの中に入っていたライ麦。
    続けて殺された夫人、そしてメイド。

    ラストのマープルに宛てた手紙が切ない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

作者のこれもおすすめ

そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった

  • ブラウザ試し読み

オリエント急行殺人事件

オリエント急行殺人事件

殺人は容易だ

殺人は容易だ

  • ブラウザ試し読み

ABC殺人事件

ABC殺人事件

  • ブラウザ試し読み

雲をつかむ死

雲をつかむ死

  • ブラウザ試し読み

死人の鏡

死人の鏡

  • ブラウザ試し読み

ねじれた家

ねじれた家

  • ブラウザ試し読み

スタイルズ荘の怪事件

スタイルズ荘の怪事件

  • ブラウザ試し読み