自由の丘に、小屋をつくる

自由の丘に、小屋をつくる

2,420円 (税込)

12pt

40代で母親になって考えた。「この子に残せるのは、“何かを自分で作り出せる実感”だけかも」。そこから不器用ナンバーワンの著者による小屋作りが始まる。コスパ・タイパはフル度外視。規格外の仲間たちと手を動かすほどに「世界」はみるみるその姿を変えていき……。暮らしと思索が響き合う、軽快ものづくりエッセイ。

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

自由の丘に、小屋をつくる のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    生まれたばかりの子のために自分たちだけで小屋を作ろうと思い立つ。究極のDIY。4年かけて完成するまで、多くの友の助けを借りる。小屋の建築の進捗と子供の成長。クライマックスに向けて積み上がる感動。

    ただ小屋を作るだけの話ではあるが、試行錯誤の繰り返し、困った時に助けてくれる友人たち。笑いつつ涙のペー

    0
    2024年02月17日

    Posted by ブクログ

    ある日思い立って小屋を作る。
    いざ始まってみれば、予期せぬことばかり。
    想像してたよりかなり大変。ちゃんとやらなきゃいけない事がたくさんある。
    自分の店を作った時にも思ったが、DIYは想像以上に人を成長させる。

    0
    2024年02月10日

    Posted by ブクログ

    有緒さんからナナさんへ、小屋を通した壮大なラブレターだった。関わっているいろんな人たちや登場する人たち全てがキラキラしていて素敵で、大人ってこんなに楽しいんだなって思わせてくれるような一冊。

    0
    2023年11月07日

    Posted by ブクログ

    いつものようにスルスルと。
    川内有緒さんの書く文章はとても丁寧で軽やかだ。
    楽しく読み進み、そして大きく共振してしまう言葉に出会える。
    次も楽しみ。

    0
    2023年10月29日

    Posted by ブクログ

     『自由の丘に、小屋をつくる』。ノンフィクション作家が山梨県塩山の山麓(おそらく大菩薩の麓)の土地で小屋づくりに励むドキュメンタリー。著者は特にDIYが得意というわけではなく、逆に苦手な分野。「ひとつ何かが作れるようになるたびに、自由になれるように感じた。己の力で何かを変えることができる。その実感の

    0
    2024年02月21日

    Posted by ブクログ

    川内有緒さんの最新刊。「目の見えない白鳥さんと…」で読み始めた著者だが、「パリの国連で夢を食う」の時からの時代をつなぐ内容。「空を行く巨人」も大好きです。なんだろう、読み物としておもしろいというよりも、川内有緒さんの、すごーく興味深い生き方を知ることができる本。コロナの時代はみんな、ほんとに大変だっ

    0
    2023年12月03日

    Posted by ブクログ

    40歳を過ぎて出産した作家が、娘のために小屋を建てよう、
    と決意し、友人らの協力を得ながら、6年の月日をかけて、
    完成、とはいわないまでも普通に住める小屋をつくりあげた、
    というお話。
    さてこの著者、誰だろう、結構投稿しては賞をもらっている、
    と思いながら読み進めたら、なんだ、先日読んだ
    「目の見え

    0
    2023年11月27日

    Posted by ブクログ

    社交的とは言えない自分からすると、著者は向こう側のひと。出会う人と打ち解け、ともだちとなり、輪を広げてゆく。うらやましくもあり、ひがみもでてくる。そんな著者夫婦のDNAを受け継ぎ、ふたりの背中を見て育つお子さんは自由の丘を登ってゆく。

    0
    2024年06月08日

    Posted by ブクログ

    自分の家族を追ったノンフィクション。
    行き当たりばったりな暮らしをしてきた著者が我が子の未来に何をしてあげたいかと考えた結果、小屋を作る事に。この発想も自分の不器用さや計画性の無さとかを笑って肯定するのも川内さんらしい。彼女を取り巻く人々の協力や温かさがとても良く描けてた。

    0
    2024年02月14日

    Posted by ブクログ

    小屋なんて本当に作れるのか。
    疑問を抱きながら6年間の記録を読んだ。
    自分の無力さ、何も生み出すことができず、消費者としての生き方しかしらない。
    私も何かを作るのは苦手なので、気持ちはよくわかる。小屋もそうだが服を縫ったり、棚を作ったり、野菜を作ったり出来る人はすごい。
    小屋作りに携わった人たちも、

    0
    2024年02月11日

自由の丘に、小屋をつくる の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング

川内有緒 のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す