消せない告白 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season III
  • 値引き

消せない告白 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season III

作者名 :
値引き価格 404円 (368円+税) 8月13日まで
通常価格 506円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

楽しい焼肉パーティー…のはずだった。オーストラリアから一時帰国した秀人さんを囲んだ、にぎやかな会が、一転激しい兄弟ゲンカに。さらに運の悪いことに、仲裁に入った勝利の頬に強烈なパンチが入った。顔面が腫れ、歯を失い、部活を休んだ勝利のもとを星野りつ子が見舞いに訪れ、これまでとは違う一面を見せる。一方、かれんはひとり悩みを抱えているが…。セカンドシーズン第3弾。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
200ページ
電子版発売日
2011年12月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

消せない告白 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season III のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年09月07日

    セカンドシーズン第3巻!
    今回は、あまりかれんと勝利の2人の話はなくして終わりました。大家さんの裕恵さんと旦那さん、秀人さんの中に、巻き込まれてしまった勝利って感じです。
    好きになってはいけない人を好きになってしまった…というのがテーマですね…。
    勝利の怪我、なんか読んでいるだけでも痛そうで、思わず...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月18日

    おいコーセカンドシーズン第3弾。

    好きになってはいけない人を好きになったら、あなたならどうしますか?

    秀人さんとの会話で、ショーリが珍しく自分の気持ちを口にしてて。
    印象的な言葉が多々ありました。

    「恋愛は天災」

    なるほどなぁって感じですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月09日

    好事魔多し。まさにそんな一日になってしまった勝利。
    そして知る、身近な人たちが抱えるそれぞれの想い。
    勝利は考える、かれんへの想い、星野への思い、星野の想いを…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月23日

    このシリーズの新刊が出てくるのが楽しみで仕方がない!

    ぎゅうって心をつかむ表現が多くて、どうしたらこんな風に描けるのか、毎回毎回すごいなあって思ってしまう。
    2巻同時刊行!ありがたいです^^*

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月04日

    今回は森下家の三角関係がメインで、ショーリとかれんの間は、思わせぶりな記述があったのみで進展していませんが、好きになってはいけない人を好きになるというテーマは面白かった。
    個人的には、恋愛の形も、幸せの形も人それぞれだと思っているけど、今回の秀人さんみたいな人はちょっと押しつけがましいように感じるし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月13日

    主人公二人の展開はいったんお休みして、森下家での人間関係に重点を置いた1冊となっており、感覚的には本編というよりサイドストーリーのようである。主人公の恋愛がなかなか進まない分、他の登場人物により少し突っ込んだ恋愛観に触れることができた。このシリーズの中ではとても新鮮であり星4つ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月26日

    テーマは「好きになってはいけない人」

    う~ん、「好きになちゃったんだもん」が通じるのはこどもだけと思うけど
    でもまぁ好きになろうとして人を好きになるわけじゃないものねぇ

    それにしても、このシリーズは恋をしているときの焦燥感をはんぱなく思い出させてくれるわ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月17日

    今年も夏ですね。

    読み始めたときは
    勝利とたいして変わらない年頃だったのに
    今はかれんよりもだいぶ年上になってしまっただ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月25日

    良き理解者に囲まれている中、身近な人には話せない事を秀人を通して聞くことが出来、勝利の隠れている部分まで知る事が出来た。これまでの流れ、そしてあとがきからも今後どういう方向に進むのか不安で仕方ない。けど、ハッピーエンドにします、という筆者の言葉を信じよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月04日

    進展はなし。

    かれんより森下家(というか秀人さん)がメインです。

    胸に刺さる深い言葉とか、まさしく『等身大』というべき自然な感情とか、サラサラ読みながらも心に刻まれるものは大きい。

    好きになってはいけない人。
    恋は天災。
    持てる者の驕り。
    etc...

    気づかされることが多いです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています