ぐれる!

ぐれる!

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

欺瞞に満ちた、この善良な市民社会がイヤだ。といって犯罪に走ることも、自殺することも、絶望することもできない──。そういう人は、「ぐれる」しかない。人生の理不尽さを噛み締めて、ぐれて生きていくしかないのだ! 悩める現代人のための新しい哲学の書。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
188ページ
電子版発売日
2011年10月28日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

ぐれる! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年07月25日

    「みなさん。もうじき死んでしまうのだし、人生何をしてもおもしろくないんですから、ぐれて生きましょう。徹底的にぐれることこそ、『正しい』生き方なのです。」

    「ぐれ」について、様々な内容でぐれを推奨しております。
    ぐれはなにも若者に限ったことではない。

    ただ、後半になるとぶっとびすぎです。
    老人に対...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    おもしろかったぁ。interestingとfunnyの両方の意味でおもしろかった。欺瞞に糊塗されたかりそめの現実から徹底的に逃れてぐれましょう!という内容。言われてみればその通りなんですけどここまではっきり書かれると笑うしかありませんね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    すべてのteenと教育者が見るべき、強く生きるための本。世の中の仕組みが垣間見えるすばらしい本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月15日

    私がくれない理由としては
    ただ弱いだけなんだ
    家族や知人との関係を切りたくにも切れない無力な自分
    徹底的な人間になりたくてもどうもなれない無力な弱い自分
    そんな自分がどうしようもなく嫌だ。。。

    真実を味わい尽くす、絶望を味わい尽くす
    味わい尽くせるならまだいいが、味わい尽くせないだろう
    限られた存...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月22日

    自分を変えたくてポジティブに、前向きに、をうたう本を読んでそのように頑張ろうと思っていた矢先、この本を読み、ポジティブにをうたう本とは180度違うことを言っているし過激で衝撃的だったが、現実的で嘘がなく気持ちいい。なにも頑張る必要はない。肩の荷が下り、楽になれた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月13日

    「どうせ死んでしまう」という当然だけど、誰も言わないこと。
    その考えに取り付かれた作者が、自分をごまかすことなく、発明した生き方が本書で紹介される「ぐれる」という方法です。

    ごまかさないという強さが、コミカルにすら感じるけれど、説得力を感じ、視野が広くなるような気持ちがしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月29日

    社会に従順であることと反抗的であることはどちらも幼い。好きと嫌いはその存在を意識することを前提とする。社会とは一定距離を置いて付き合うのが理想だが、それが不可なら後者でありたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月27日

    他の本を読む時にはない感覚で本を読めました。中島さんは生き辛いだろうなと読んでいて思います。こういう価値観で生きている方もいるんだなと思います。とても好きです。しかし、私はきっと嫌われるタイプだろうし、自分もぐれたいとは思いません。笑
    しいて言えば、神様に対してはぐれたいかもしれません。
    面白かった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月05日

    ブズについての部分は、笑ってしまいました。中途半端じゃないのが良い。読んでスカッとしました。しかし読む人にもよるかな、といった感じです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月12日

    通常想像するぐれるということではない。徹底的にぐれると著者はいっている。
    自分のありのままをそのままうけいれて、だめでもそのまま一生懸命続けていきなさい、それがぐれるということです。とよみとった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています