悪について

悪について

作者名 :
通常価格 858円 (780円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

残虐な事件が起こるたび、その〈悪〉をめぐる評論が喧しい。しかし、〈悪〉を指弾する人々自身は、〈悪〉とはまったく無縁なのだろうか。そもそも人間にとって〈悪〉とは何であるのか。人間の欲望をとことん見据え、この問題に取り組んだのがカントだった。本書では、さまざまな文学作品、宗教書などの事例を引きつつ、カントの倫理学を〈悪〉の側面から読み解く。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波新書
ページ数
228ページ
電子版発売日
2017年03月16日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2016年04月27日

    カント倫理学における「道徳的善」を裏側から抉りだす傑作。「根本悪と最高善」に引きちぎられる人間の姿を綴ったくだりは荘厳な宗教画のような迫力とドラマを感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月05日

    すべての人間は、道徳的には悪にならざるを得ない。
    善人ほど悪である…!
    どんなに善であろうと欲しても、動機においても行為においても、人は義とされない。
    誠実であろうとすればするほど、人は自分自身に絶望する。
    しかし、人はどこまでも道徳法則の尊敬に従って行為しなければならない格率が定められている限り、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月24日

    冒頭からあまりにおもしろくて一気読みした1冊。
    うわこれ私もずっと思ってた嬉しい…!と感動しながら読み進めてくといきなり身体をものすごい勢いでえぐられる感覚が。自分が中途半端な人間なのを突きつけられるのだ。天秤でいえばただゆらゆらと揺れてる感じ。だからこの際どっちにもズドンズドンと振り切ってやろうと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月02日

    タイトルの「悪について」の悪は悪一般についてを語ったものではない。カントの言説を通して中島先生の考える根源悪について語ったものである。こういう原罪に近いような悪って、きっと現代倫理学で扱うような対象ではないんだろうなと思った。
    道徳的な生き方とは何かと考えるとき、それは行為そのものではないことに気付...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月25日

    カント倫理学の立場から「善」とはなにかを検討し、「悪」とはそこからはみだした「その他」的なものとする。タイトルに期待して「悪」と断罪された存在をこそもっと考察して欲しかったのだが、とりあえずは自分で考察するための材料がいくつも示唆されており、それなりに得るものはある。論理的な構成だがわかりやすく高水...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    中島義道氏の本業、カントについての本です。
    主にカント倫理学について平易に書かれていて、哲学を学ぶ人はもちろん、倫理や道徳に興味のある人ならぜひ読むべき本だと思います。
    厳格主義で知られるカントですが、彼の定言命法は常に頭の隅に置いておく必要があるように思えます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月08日

    厳格な倫理思想として知られるカントの倫理学を、「悪について」という観点から解き明かしている。

    カントの問題は、何が適法的な行為であるかを規定することではなく、道徳的に善い行為を、単なる適法的な行為から鋭く区別することだった。著者はこうしたカントの問題意識の中に深く沈潜することで、カントの「形式主義...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月22日

    半年くらい前に読んだときは途中で読むのをやめてしまった本だが、今回は最後まで引き込まれて読んだ。
    また半年くらいしてからもう一度読んでみたい。

    この本に書かれている『道徳的な善さ』の良さは分かるが、そこに意識を向けて生きると人生が重く苦しく気が狂いそうだ。
    『道徳的な善さ』を注視しながら生きる著者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「不倫はダメに決まってる」も「不倫こそ最高の恋愛だ」も間違っている。何が掟に沿っていて、何が掟に反しているのか、“正解”を決めてはいけない。“正解”に従って、何も考えずに行動するとき、傲慢さが顔を出す。どうにもならないくらい、醜悪な顔をして。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月17日

    『道徳的センスは常に善いことしようと身構えることでもなく、自己批判に余念がないことでもなく、善とは何か悪とは何かを問い割り切ろうとしないこと』

    『道徳的に良い行為はなにか誰もが知っている。でも、それは道徳的に良い行為へと向かう指針を与えられるだけで、行為を実現できる訳では無い。』

    『道徳的人間と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています