生きるのも死ぬのもイヤなきみへ
  • 値引き

生きるのも死ぬのもイヤなきみへ

作者名 :
値引き価格 253円 (230円+税) 9月24日まで
通常価格 506円 (税込)
紙の本 [参考] 572円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「生きていたくもないが、死にたくもない」そう、あなたの心の嘆きは正しい。そのイヤな思いをごまかさず大切にして生きるほかはない。孤独と不安を生きる私たちに、一筋の勇気を与えてくれる哲学対話。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月10日
紙の本の発売
2009年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

生きるのも死ぬのもイヤなきみへ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年09月21日

    正直、イライラする本なんだけど(笑)、読み終わったら死に対しての考えが変化した気がするから良しとします。これが行動に影響するかは分からないけど、得るものは確実にあって、読んで良かったという実感もあります。

    オススメです!とは言えないけど、筆者が正直な物言いをするからある意味爽快なんで、気になったら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月06日

    いい意味で悪書。
    「どうせ死ぬのだから何をしても虚しい」と思わない人や「誰かを愛し結婚して子供が欲しい」という普通の幸せを求めている人は読まない方がいい。あと、自分で考えて咀嚼できない人も読まない方がいい。
    自己愛に溢れた結果、生きにくくて、ある程度自分の考えを持ってて、影響されにくい人は読んだ方が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月01日

    タイトルで買ってしまった。なんて怠け者なんだと。
    内容は哲学的。なので、とても具体的に分析していく死や生。
    若い世代の対話として、そういう事に一緒に悩んだ体験などを語る。中島さん。
    たまに笑える合いの手を、中島さんや、対話する学生達が入れる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月08日

    観念的な志だけがそびえたち、いつまでも彼らはそれから引き離されている。 解決できないことを確認するために書いているようなものだ。 「二度と生き返らない」 サルトル しゃ‐し【斜視】1 眼筋の異常により、一方の目が物を直視しているとき、他方の目が別方向を向いている状態。斜眼。やぶにらみ。2 横目で見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「生きるのは嫌だけれど死ぬのも嫌」
    これは果たして相反する言葉なのだろうか。

    生きることを問う哲学書。
    とはいえ、作者も述べている通り
    疑問に思わない人は読まない方がいいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています