武士の家計簿―「加賀藩御算用者」の幕末維新―

武士の家計簿―「加賀藩御算用者」の幕末維新―

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
紙の本 [参考] 820円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

国史研究史上、初めての発見! 「金沢藩士猪山家文書」という武家文書に、精巧な「家計簿」が完全な姿で遺されていた。仕事は経理、小遣い5840円、借金地獄、リストラ……。タイム・カプセルの蓋を開けてみれば、江戸時代史や日本近代史の見直しを余儀なくされる驚きの連続。気鋭の研究者による意欲作。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
222ページ
電子版発売日
2011年10月21日
紙の本の発売
2003年04月
コンテンツ形式
XMDF

関連タグ:

「武士の家計簿―「加賀藩御算用者...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年04月29日

[評価]
★★★★★ 星5つ

[感想]
映画になった『武士の家計簿』の原作?かな。
この本自体は小説ではないので、この本を元に脚本を書いたということだと思うが、非常に興味深い内容だった。
この本を読み感じたことは教育の重要性と明治時代を生きる武士の悲しみだったな。
教育の重要性は「御算用者」という...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月12日

2010/6/25 予約 7/3 借りる。7/5 読み始める。7/16 読み終わる。

2010年12月4日 映画公開です。

古本屋で見つけた古文書は、ある優秀な下級武士の30年にわたる几帳面な家計簿だった。
それを読むことで、幕末から明治を生き抜く武家の暮らし、その頃の世間の物価など いろいろな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月08日

映画にもなった武士の家計簿。

江戸時代の加賀藩猪山家の家計簿を基に、当時の武士の暮しを垣間見る。 
この猪山家はなんだかんだ言ってもしっかりと動乱の時代を生き抜き家を残しているが、この一家のありようが当時の武士の平均的な生き方って事にもならなそう。
かなり特殊な方なんじゃないかと。 
でも、このよ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月19日

すっごく面白かった。近代の歴史は、自分の少し上の世代の世界のことなのに、江戸から明治あたりの人々の生活が本当はどんな様子だったのかは、かえってよく分からない、そんなもどかしい気持ちがものすごくすっきりした。

本当に貴重な資料が残っていたんだなあー。素晴らしいことだ。

幕府体制から明治政府への、特...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月24日

はしがき
第1章 加賀百万石の算盤係
第2章 猪山家の経済状態
第3章 武士の子ども時代
第4章 葬儀、結婚、そして幕末の動乱へ
第5章 文明開化のなかの「士族」
第6章 猪山家の経済的選択
あとがき
参考文献リスト

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「武士の家計簿―「加賀藩御算用者」の幕末維新―」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,967

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!