波のうえの魔術師

波のうえの魔術師

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

あの銀行を撃ち落とせ! 謎の老投資家が選んだ復讐のパートナーはフリーターの<おれ>だった。寂れた下町の一角で、マーケットのAtoZを叩きこまれた青年と老人のコンビが挑むのは、預金量第三位の大都市銀行。知力の限りを尽くした「秋のディール」とは? そのゆくえは……。新世代の経済クライムサスペンスにして、「ビッグマネー!」のタイトルでドラマ化された話題作。地道な生活者を破綻させた金融界の残虐性と世界を揺るがす市場の「波」を、精緻に痛快に描き切る!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
301ページ
電子版発売日
2011年09月16日
紙の本の発売
2003年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

波のうえの魔術師 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月05日

    立花隆さんの近著に出てきた小説。この著者の本は、これまでほとんど読まなかった。先週から立て続けに2冊読んだ。いずれも面白かった。で、この小説もでたらめにおもしろかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月20日

    あらすじ(背表紙より)
    あの銀行を撃ち落とせ!謎の老投資家が選んだ復讐のパートナーはフリーターの“おれ”だった。マーケットのAtoZを叩きこまれた青年と老人のコンビが挑むのは、預金量第三位の大都市銀行。知力の限りを尽くした「秋のディール」のゆくえは…。新時代の経済クライムサスペンスにして、連続ドラマ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月12日

    バブル期に銀行が販売した変額保険の被害者の敵を取るべく、師匠たる老紳士と主人公が入念な計画をもとにメガバンクへ挑戦を挑む話。

    ドラマ化もされたようで、読み物としてのおもしろさもありましたが、運用という観点で、本のタイトルにもなっている波(株価、景気の波動)を体感するために老紳士が主人公にある銘柄の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月13日

    就職浪人し、毎日パチンコばかり過ごしている青年に、ある日老人が声をかけてきた。それは、今まで縁もゆかりもなかった「マーケット」という世界への入り口だった…。


    投資・株・値動き・売り・買い…と、経済用語がいっぱい出てきます。
    でも不思議なもので、本来なら眠くなってしまうような内容でも、
    この...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月27日

    石田衣良と思って期待していたら、とても良い意味で期待を裏切られる金融小説だった。
    老人と出会った若者が、マーケットのいろはを教えられ、ビッグディールに巻き込まれるーーー。
    お金を稼ぐことはいけないことなのか?
    法に触れることは本当にしてはいけないのか?法内ならば何をしてもいいのか?
    そんなことを考え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月09日

    21世紀初頭、謎の老投資家に誘われたフリーターが金融知識を身につけ、株式市場で大勝負に臨む物語。専門用語もうまく説明されていてつっかからず、ミステリ要素もあってスラスラと読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月10日

    最初の印象は福本伸行さんの『金と銀』のような印象を受けました。

    主人公の成長が少しばかり早過ぎるような気もしますが、その分物語に疾走感が出て、次は次はとページを捲らさせられます。


    主人公は一人の老人に見出され、投資の技術と市場を見る眼が養われていく。
    銀行に騙された老人達、老人の家に出入りする...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月08日

    投機をやったことがある人なら、きっと3倍面白い。
    ドラマ「ビッグマネー」の原作。ドラマの方が好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月28日

    経済や株式市場のカラクリ。投資やマーケットには興味津々でとても分かり易かった。投資家と労働者とヤクザとホームレスで成り立つ世の中。インサイダー取引、証券取引法違反…。
    何も知らずに読んだのだけど、勝手に白戸少年がIWGP=長瀬智也のイメージが定着してしまい最後までぬぐえなかったのだけど「ビッグマネー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月11日

    実は、石田 衣良を読むきっかけになったのは、この作品のテレビドラマ「ビッグマネー」*1でした。
    まあ、あんまりテレビを見なくなってた時期だったので、かなりいい加減にしか見られてなかったのですが、なんか、気になるドラマでした。

    これに出てくる老人が、植木 等で、これが格好いいんだ。

    で、原作の「波...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています