子産(上)

子産(上)

作者名 :
通常価格 594円 (税込)
紙の本 [参考] 712円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

信義なき世をいかに生きるか――春秋時代中期、小国鄭は晋と楚の二大国間で向背をくりかえし、民は疲弊し国は誇りを失いつつあった。戦乱の鄭であざやかな武徳をしめす名将子国と、その嫡子で孔子に敬仰された最高の知識人子産。二代にわたる勇気と徳の生涯を謳いあげる歴史叙事詩。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2011年07月08日
紙の本の発売
2003年10月
コンテンツ形式
EPUB

シリーズ作品 1~2巻配信中

※通常版の作品のみ、カートをご利用いただけます

Posted by ブクログ 2012年05月31日

宮城谷文学初級者向け。
ちなみに入門書は、「楽毅」と思うのです。
おそらく今回が四周目で、いまはその上巻の半分が過ぎたところ。

さて、吉川英治文学賞受賞作の本書の魅力とはなんだろう。
晋と楚の二大国に攻められては向背を返さざるを得ない小さな国の葛藤。
国内外の暗然とした争いの中で、自家の武門を築き...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月19日

宮城谷さんの小説はかなり読んでいる自信がありますが、実はその中で一番好きな小説だったり。
上巻で少年・青年時代をじっくり語った割に下巻があっさり終わってしまうのは残念だけど、上下巻でお手軽に読めるところがいいですね。簡公と子産の関係もなんかいい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年07月03日

中国が秦の始皇帝に統一される前の時代の話を描ける人は
宮城谷昌光氏しかいないと思っています。
文献も古く、あいまいな点も多いので、
史実に従ったものはなかなか描けません。

三国志は面白いのですが、
それ以上に、中国春秋時代~戦国時代は面白い時代です。
神話に近い部分と現実が混ざり合った不思議な時代...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年09月24日

知的寄り。でも短めなので、一気に読めると言えば読める、硬めだけど。上巻末から下巻最初にかけての大きな動きはすごく切ない。完璧でなくても、少しどうなのって部分があっても、人にはそれぞれ信念や大切なものがあって、それを守ろうとする姿は美しく見えるし、悲しく見える。子産が知能派なので他のより難しい言葉も多...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2007年07月26日

博覧強記という言葉はきっとこの人の為にある言葉なんだろう。でもそれを言葉だけで終わらせずに生かし、実践したところにこの人の本当の凄さがあるんだろうな。
と思ったりする。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「子産」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play