デクリネゾン

デクリネゾン

1,980円 (税込)

9pt

仕事、家庭、恋愛の全てが欲しい女たちとその家族的つながりを描いた最新長編小説。二度の離婚を経て、中学生の娘である理子と二人で暮らすシングルマザーの小説家、志絵。最近付き合い始めた大学生の蒼葉と一緒に暮らしたいと娘に告げるが――。恋愛する母たちの孤独と不安と欲望が、周囲の人々を巻き込んでいく。

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

デクリネゾン のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    年齢の変化、人間関係の変化、環境の変化、そんな細やかな日常の中の気持ちや感じてることが、とても細やかに言語化されていて、じっくり読めた。金原ひとみさんの作品は食事がとても美味しそうで、今回もたくさんの魅力的な食事がでてくて、美味しいご飯を食べたくなった。

    0
    2023年05月15日

    Posted by ブクログ

    最高の小説だった。生涯ベスト5あたりに食い込むかもしれない。
    「私」を支配する、自分でコントロールしきれない私の欲望。それに従ったり抗ったり絶望をおぼえながらも、それでも、誰かと、この世と、生きていくしかない。その選択をし続けている「いま」の尊さ。
    コロナ禍の直前から落ち着くまでの期間を、飲み会やラ

    0
    2023年04月16日

    Posted by ブクログ

    ■漠然と感じていた感覚を言語化してくれた共感しかない作品

    ○好きな相手を尊いものとしておきたい
    自分も付き合っても会う頻度は高めたくないし、その相手といる時間は楽しく過ごすための時間だから、不要にぶつからないようにしてきた。
    それは裏返すと「相手を全部受け入れたい」みたいな感覚とは正反対で、相手を

    0
    2022年11月23日

    Posted by ブクログ

    読み終えるのに
    途轍もなく時間がかかってしまったけれど
    面白かった。

    ストーリーがというより
    セリフや表現のひとつひとつに唸ってしまう。
    そんな作品でした。

    主人公はアラフォーの小説家。
    離婚した二人の元夫と
    年下の大学生の彼氏
    最初の夫との娘(中学生)と同居していたが
    途中から年下の彼と住むこ

    0
    2024年01月14日

    Posted by ブクログ

    ハッピーエンドでよい。
    自分の衝動に素直に生きることは良い。
    これに出てくる歌舞伎町の火鍋のお店は行ったことある

    0
    2023年08月23日

    Posted by ブクログ

    デクリネゾンとはフランス料理で使われる『1つの食材をさまざまな調理法で仕上げること』といった意味合いの専門用語。

    小説家の志絵を軸に1人娘、2人の元夫、20年下の大学生の現恋人との関係性とその変化を、コロナ禍の時代背景を交えながら描いている。

    中学生の娘を既に持つ志絵の恋愛に対する果敢な姿勢は、

    0
    2023年04月02日

    Posted by ブクログ

    不穏が平穏に。
    家族観や女性観が緩やかに溶かされ、温かい陽光を感じながらナプキンで口を拭う。

    本作のテーブルには食欲を掻き立てる風味絶佳の料理が並び、同時にその食卓には志絵のSignificant other達が座る。最初はそこに不穏さを感じた。とんでもない、恋愛体質で子を蔑ろにし、「彼氏」や「デ

    0
    2023年03月29日

    Posted by ブクログ

    恋愛体質な子持ちの30代女性作家のコロナ禍での生活を取り上げた小説。
    主人公はあまりに自分本位だと思って共感はできず、複数の元夫や不倫相手とこんなにうまく共存できるものなのかと思ったりはしたが、随所に人間に対する洞察が溢れていて、なかなか面白く読めた。

    0
    2023年03月27日

    Posted by ブクログ

    夫婦関係、不倫相手との関係、母娘関係、仕事、育児…。翻弄されているようでいて強かに生きている感じがする。子育てを宗教に例えてるあたりはすごく共感できた。子供が離れていく時の気持ちも。
    女友達と知的な会話するんだなとも思った。たくさんの美味しそうな未知の料理が出てきて、私死ぬまでにこのいくつかでも食

    0
    2023年02月12日

    Posted by ブクログ

    生牡蠣、バトミントン、ストロング缶。
    文藝の私小説にも書いてあったけど、金原さんって言ったらコレなのかな?

    食べ物が沢山登場するのにあえてなのか描写が細かくないからか、全然美味しそうに思えないのもお腹いっぱいにならなくてよかった。

    恋愛はしたいけど娘はそばにいて欲しい。
    結婚におそらくは向いてな

    0
    2023年02月10日

デクリネゾン の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ホーム社 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

金原ひとみ のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す