肩ごしの恋人

肩ごしの恋人

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

欲しいものは欲しい、結婚3回目、自称鮫科の女「るり子」。仕事も恋にものめりこめないクールな理屈屋「萌」。性格も考え方も正反対だけど二人は親友同士、幼なじみの27歳。この対照的な二人が恋と友情を通してそれぞれに模索する“幸せ”のかたちとは――。女の本音と日常をリアルに写して痛快、貪欲にひたむきに生きる姿が爽快。圧倒的な共感を集めた直木賞受賞作。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2011年06月28日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2018年10月18日

身近にいたら、絶対に苦手で近づきたくない女性のるり子だけど、なぜか読んでいて気持ちがいい。こんな風に自分に正直に、そして前向きに生きていけたらいいのに。
久々に気持ちが晴れやかになる本に出会えた気がする。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月09日

”本の雑誌・北上次郎オススメ作品”から。直木賞受賞作でもあり、読むならまずこれからかな、と。解説にも書かれているように淡々とした展開で、浮気はどんどんなされているし、家出とかも含めて、修羅場になりそうなイベントが満載だけど、主人公たちをかなり振り切った人物設定にすることで、何事もないかのごとく物語り...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月18日

恋愛小説は何を参考にしたら良いか分からなかったので直木賞作家の本を読んでみました。 男と女の性についての考え方の違いについて少し触れた感があった。

すこしとがった人物像であったが、それがかえって印象に残った。

男がイメージしている女性像とは少し離れていても、とがった人物像に共感できた一冊

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月07日

初めて読んだのは中学生の時で、時代錯誤と言われようが私はこの作品が好きだ。不倫はよくないと思うけどこんな風に生きたい←

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月25日

自由奔放で超恋愛体質のるり子とクールで現実的な萌は幼稚園からの親友同士で27歳。
それぞれの恋愛や人生がなんやかんやあって一皮むけていく。登場人物全員すげー変なやつで実際いたらいやだけどとても魅力的。崇かわいい。
ゲイバーにたまるの楽しそう。
レズバーで働くるり子見たかった。
恋愛小説!っていう感じ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています