天切り松 闇がたり 第二巻 残侠

天切り松 闇がたり 第二巻 残侠

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ある日、目細の安吉一家に客分として現れた、時代がかった老侠客。その名も山本政五郎――すなわち幕末から生き延びた、清水の次郎長の子分・小政だというのだが……。表題作「残侠」など、天下の夜盗「天切り松」が六尺四方にしか聞こえぬ闇がたりの声音(こわね)で物語る、義賊一家の縦横無尽の大活躍八編。粋でいなせな怪盗たちが大正モダンの大東京を駆け抜ける、感動の傑作シリーズ第二弾。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2011年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

天切り松 闇がたり 第二巻 残侠 のユーザーレビュー

    購入済み

    松っちゃん

    桜三月散歩道 2020年05月14日

    何が幸せか。色々の幸せがあるんだよね。悲しいこと、辛いこと、たくさんの嫌な事があって、だからちょこっとでも思い通りに出来た事がとっても良い事に思える。晴れた日の有り難さは雨・嵐の日を知らないと分からないよね。
    でも本当のところは、波風無く平凡な事が一番幸せかなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月05日

    やっぱりこのシリーズは素敵な話ばかり。『百面相の恋』も切なくて心に残ったけど、ほんと最後の『春のかたみに』がなぁ…。
    「たのむよ、おとっちゃん。ねえちゃんとおっかちゃんを、その手で抱いてやってくれろ。」「貧乏も病気もねえあの世で、親子三人、仲良く暮らして下さい。」祈る松吉に、語気を荒げて破門にしてま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月03日

    天切り松、非常にいいです。読む度にこの独特の世界にはまっていきます。登場人物の人間性が、素敵すぎます。第八夜「春のかたみに」が、とても泣けました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月27日

    シリーズ二作目。粋な愛のお話多めでテンション上がってたら、最終話で号泣した。
    その構成が粋でした!
    ぐずぐずいってないで、兎に角足踏ん張って生きねば。そんなことを思える一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月02日

    前半は結構普通のエピソードが多くて、もちろんそれでも十分に楽しめるんだけど、もう一押し盛り上がりが欲しいな、と思ってたけど、後半は相変わらず素晴らしかったす。今回好きだったのは6-8の各話。天切りを教わったエピソード、筆おろしの話、父の死がそれぞれ扱われているけど、それぞれがすごく心温まる内容でほっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    何度読んでも胸が熱くなる!

    ニャンコロ 2013年06月30日

    読み終わったあと、また読みたくなる数少ない作品だ。
    日本古来の侠気を感じさせてくれる。
    安吉親分のような厳しく優しく侠気溢れる人物に、自分もなりたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月30日

    一巻に負けないくらい泣けました!天切り松はどの話も温かくて切ない♪それに作者の美意識の高さに脱帽です。美しい情景が次々と描かれて、そこに繊細な人情劇が織り込まれ……三巻も続けて読みます^^

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月21日

    第二巻も!!(((^0^))))かっこいい!!

    松蔵がどんどん大人になってゆくさまが 書かれていて
     男らしさとか、心意気とかを学んでいくんですねぇ~。(;-;)
    「春のかたみに」は泣けて、泣けて…どうしようもなかった。

    「黄不動見参」でも、泣けました。。栄治兄ィ~!!かっこいい!!
    「百面相の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月30日

    ーーーある日、目細の安吉一家に客分として現れた、時代がかった老侠客。その名も山本政五郎―すなわち幕末から生き延びた、清水の次郎長の子分・小政だというのだが…。表題作「残侠」など、天下の夜盗「天切り松」が六尺四方にしか聞こえぬ闇がたりの声音で物語る、義賊一家の縦横無尽の大活躍八編。粋でいなせな怪盗たち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月16日

    ぞくぞくするほどカッコいい、義賊・目細の安吉一家。
    安吉親分を筆頭に、おこん姐さん、栄治兄ィ、寅弥兄ィに常次郎兄ィ…。

    「天切り松」が名調子で語る物語、第2巻。

    早く3巻が読みたいよ!

    このレビューは参考になりましたか?

天切り松 闇がたり のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 天切り松 闇がたり 第一巻 闇の花道
    夜更けの留置場に現れた、その不思議な老人は六尺四方にしか聞こえないという夜盗の声音(こわね)「闇がたり」で、遥かな昔を物語り始めた――。時は大正ロマン華やかなりし頃、帝都に名を馳せた義賊「目細の安吉」一家。盗られて困らぬ天下のお宝だけを狙い、貧しい人々には救いの手をさしのべる。義理と人情に命を賭けた、粋でいなせな怪盗たちの胸のすく大活躍を描く傑作悪漢小説(ピカレスク・ロマン)...
  • 天切り松 闇がたり 第二巻 残侠
    ある日、目細の安吉一家に客分として現れた、時代がかった老侠客。その名も山本政五郎――すなわち幕末から生き延びた、清水の次郎長の子分・小政だというのだが……。表題作「残侠」など、天下の夜盗「天切り松」が六尺四方にしか聞こえぬ闇がたりの声音(こわね)で物語る、義賊一家の縦横無尽の大活躍八編。粋でいなせな怪盗たちが大正モダンの大東京を駆け抜ける、感動の傑作シリーズ第二弾。
  • 天切り松 闇がたり 第三巻 初湯千両
    「武勇伝なんぞするやつァ、戦をしたうちにへえるものか」二百三高地の激戦を生きのびた男はそうつぶやいた……。シベリア出兵で戦死した兵士の遺族を助ける説教寅の男気を描く表題作「初湯千両」など、華やかな大正ロマンの陰で、時代の大きなうねりに翻弄される庶民に対する、粋でいなせな怪盗たちの物語六編。誇りと信義に命を賭けた目細の安吉一家の大活躍。堂々の傑作シリーズ第三弾。
  • 天切り松 闇がたり 第四巻 昭和侠盗伝
    時は昭和九年。関東大震災から復興を遂げ華やかなモダン東京を謳歌したのも束の間、戦争の影が徐々に忍び寄っていた。ついに寅弥が我が子のようにいとおしんできた勲にも召集令状が届く。国の無体に抗おうと松蔵らが挑んだ企みとは? 激動の時代へと呑みこまれていく有名無名の人々に安吉一家が手をさしのべる五編。人の痛みを、声なき声を、天下の侠盗たちが粋な手並みですくいとる。
  • 天切り松 闇がたり 第五巻 ライムライト
    チャールズ・チャップリンがやってくる!! 昭和七年五月、日本中が彼の来日に沸くなか、安吉一家の耳に驚くべき噂が飛び込んできた。チャップリン暗殺――。信念を持つこの稀代の芸術家を殺させてなるものか。世間を混乱させることなくテロリストの魔の手を振り払うため、いなせな夜盗たちが東京の街を所狭しと走り回る。表題作ほか全六編を収録した大人気“天切り松”シリーズ待望の第五巻。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています